半導体事業の整理は3月末までに決着

富士通・山本社長に聞く

富士通の山本正已社長は12月27日、東洋経済など報道陣のインタビューに応じた。山本社長は1976年に富士通入社後、ワープロ「オアシス」シリーズの開発を皮切りに、パソコンなど個人向け情報端末から、サーバー、ストレージの開発責任者を務めるなど、製造部門の経験が長い人物だ。

一方、富士通は10月末、海外での需要減退を背景に、今2013年3月期の業績見通しを大幅に下方修正した。今後の事業戦略は。そしてリストラを進める半導体事業はどうなるのか――。

インタビューの冒頭、山本社長は2012年をこう振り返った。

デバイス分野で苦戦

業種ごとのばらつきはあるが、2012年は厳しい年だった。年始はタイ洪水の影響を受け、欧州のビジネスも債務危機の影響から落ち込んだ。後半には米国大統領選などのイベントもあって、景況感は改善する見通しだったが甘くはなかった。12年度もどうやら低調のまま終わりそうだ。

ポートフォリオで言えば、特にデバイス分野が厳しかった。一方、IT投資の重要性が浸透してきたことで、サービス分野は前年比プラスで動いている。そうした環境下で、12年にやってきたのは、攻めの構造改革とグローバル対応、そして新しいビジネスの創出だ。4月には全体の組織を顧客軸と事業軸、そしてマーケット軸にするなど再構成した。また、営業とSEの分離なども含めてグローバル対応を強化してきた。

まだまだ十分な成果とは言えないが、今後のためには不可欠だ。攻めの構造改革の部分では、半導体事業がどうあるべきか模索している。具体的なことは言えないが、来年3月末までには方針を明確にし、13年度いっぱいには業態として整理した形を示したい。

次ページビッグデータが立ち上がってきた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT