紙の新聞は終わる?――米国では大リストラ

ニューヨーク・タイムズの苦境(上)

それでは、この課金モデルへの移行で、NYT社の経営がどうなったのか? 具体的に見ていくことにしよう。

NYT社は、課金モデルへの移行以外にも、傘下の16の地方紙とその関連事業を売却し、中国語のニュースサイトを開設するなど、収益の改善に必死に取り組んだ。そうして、デジタル版の有料購読者を確実に増やしていった。

しかし、一度陥ってしまった赤字体質は一向に改善されなかった。

12年4月~6月の第2四半期決算でも、広告収入の落ち込みが響き、8814万ドルの最終赤字を計上している。さらに、12年第3四半期決算では、営業利益が60%も減っている。課金モデルによって販売売上高は7.4%増加したしたものの、広告売上高が8.9%と大きく落ち込んだため、減収減益となってしまったのだ。

 起死回生策は、英国からの新CEO招聘

NYT社は、1世紀以上にわたってザルツバーガー家がオーナーを務めてきた。現在のザルツバーガー会長が、業を煮やして、赤字打開のために打った手は、なんと新しいCEOを英国から招くことだった。12年8月、NYT社の新しいCEOに指名されたのは、英公共放送BBCのマーク・トンプソン元会長だった。

ザルツバーガー会長は、トンプソン氏の任命を発表した席で、「わが社は活字媒体と広告市場を熟知しており、業界のなかでもベストな人材も抱えている。しかし、われわれの将来はビデオ、ソーシャルメディア、モバイルメディアに向かっている」と説明している。

トンプソン氏は、8年間にわたりBBCを率いてきたが、その間、タブレット型携帯端末向け番組配信(BBC iPlayer)などデジタル事業の推進で実績を残してきた。また、アメリカで立ち上げたBBCアメリカも成功させた。その一方で、不要人員のリストラにも手を染めてきた。

それを見たザルツバーガー会長が、NYT紙の未来を託すために、トンプソン氏を指名したのだ。つまり、この時点で、もはやNYT紙は、紙を捨てる方向に舵を切ったと言える。よって、デジタル化推進に伴うリストラは、今回で終わらず、これからも続くだろう。

※続きは2013年1月9日(水)に掲載します

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT