キンドル成功のカギはエロコンテンツ(下)

アマゾンの審査基準やいかに?

 

キンドルやiPad miniなどの登場により、電子書籍の明るい未来が盛んに語られている。だが、本格普及のためには、漫画市場の攻略が不可欠だ(撮影:今井康一)

前回のコラムでは、「日本の電子出版市場のほとんどを占め、ビジネスとして成立してきたのは、BL(ボーイズラブ)、TL(ティーンズラブ)を中心の漫画コンテンツ販売と、アップルの単体アプリ書籍ぐらいである」と指摘した。

漫画以外の電子書籍は、まだ単独ではビジネスとして存在するのは難しい。特に、文芸書、ビジネス書、ノンフィクション書などの一般書籍は、単体で電子書籍をつくったら、それこそビジネスにならない。それでも出版社が電子書籍化に励んでいるのは、制作自体が紙と同時進行であり、紙の収益が見込めるからにすぎない。

しかし、それも大手出版社の話で、中小にとっては、電子書籍などとんでもない話になる。コストを考えたら、自社でできるものではない。この出版不況の中で、各社、必死に回転操業をしているからだ。

回転操業というのは、再販制度のフル活用であり、定価販売で返本が利くという紙の流通の特殊性から、新刊を出しては仮の売り上げ、利益を立てるというやり方だ。

電子書籍では、「カラ売り」ができない

たとえば、決算が迫ったら、期末に大量の新刊を出し、取次経由で書店に仕入れてもらう。こうすると仮の売り上げと利益が立つ。そうしたら決算期をまたいでから返本を受け付けて、そこで損失を計上する。まさに「カラ売り」だが、ほとんどの出版社がこうしたことをしているのだ。

これが、電子書籍ではできないのだから、出版側から見たらよほど売れなければ、電子書籍などやれないのだ。

日本には、アメリカで電子書籍がブレークする以前から電子書籍を売ってきた「電子書店パピレス」や「イーブックイニシアティブジャパン」など老舗の電子書籍販売サイトがある。パピレスは2012年3月期決算で売上高約47億円、イーブックは11年1月期決算で売上高21億円と好調で、両社とも成長している。しかし、それを支えているのは、一般書ではない。BL、TLもの中心の漫画コンテンツである。

もし、これらのコンテンツがなかったら、日本の老舗電子書店はみな潰れていただろう。

こうした状況の中、アマゾンの「キンドル」が上陸し、「キンドルストア」がオープンしたのである。「キンドルストア」の評判は、なかなかいいようだ。実際、これまでの日本の端末やサービスに比べて、「キンドル」が圧倒的なアドバンテージを持っているのは確かだ。

しかし、それだけでは、現在の日本の「電子出版ガラパゴス状況」を克服できるとは言えないのだ。

次ページアップルと審査基準は違うのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT