SNSで「勝手に不幸になる人」の根本的問題

「間違った相手」と自分を比べていないか

ピッツバーク大学医学部研究チームの研究では、SNSの利用頻度が高ければ高いほど、うつ病になりやすいという結果が出ています。その原因は、「自分以外の人たちは幸せで充実した人生を送っている」という、ゆがんだ認識が生じること。まさに、それを相談現場でも感じます。

人は、つねに他人と自分を比べて、優劣、幸不幸を判断します。社会的比較というものです。その際、比較対象が身近な友人・知人など、能力や考え方が近い人ほど影響が大きくなり、逆にまったく知らない人、年齢や環境に大きな差がある人だと、さほど影響しないのが一般的です。

いじめなども一緒で、同じ環境下にあるほど、心理的な亀裂が生じやすくなります。ママ友などがわかりやすい例です。同じ年の子どもがいる、同じマンションや町内に住んでいる、子どもを同じ幼稚園や学校に通わせている、と、共通項が多ければ多いほど、影響力の大きい比較対象となり、ちょっとしたことで大きな問題に発展してしまうのです。

有名人・芸能人まで「同じカテゴリー」に?

SNS上には、環境や立場が近い人・遠い人が混在していますが、日常の投稿がいつでも、どこでも見られ、つねに目に留まることで、ずっと年上の人や立場が違う人、有名人、芸能人なども、みんなが同じカテゴリーに属しているように錯覚してしまう場合があります。そうすると、自分にとって非現実的なこと、本来まったく気にする必要のないことに対しても、必要以上に影響される状態が生まれてしまいます。

また、現実レベルでの落ち込みも多くみられる事案です。婚活中の人が、他人の結婚式やパートナーと幸せそうにしている写真を見て落ち込む、子どものいない人が、他人の子育てに関する投稿を見て落ち込む……といったことは、フェイスブックやインスタグラムが普及したことで、より顕著になっているでしょう。

それぞれの立場や環境によって、気持ちの乱れる、心に引っかかる投稿はまちまちだと思います。それを見ていちいち不快に思うなら、思い切って非表示にする、フォローをやめるという判断も必要でしょう。完全にブロックしてしまうと、相手との関係で不都合なこともあるでしょうから、やんわりと対応することも大切です。

自分にとって嫌な投稿を毎日見ることほど、精神衛生上よくないことはありませんよ。

次ページ「貴重な財産」を作ることもできる!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT