時代は「サロン」コンサートを必要としている

親密な空間で聴く音楽に魅力を感じる現代人

東急プラザ銀座にある「KIRIKO LOUNGE(キリコラウンジ)」は、天井高約27メートルのオープンスペース。銀座を一望できる眺めが自慢だ(写真:大久保惠造)

さる5月23日(月)、銀座数寄屋橋交差点に面した話題のスポット「東急プラザ銀座」6階の「KIRIKO LOUNGE」にスタインウェイのグランドピアノが導入され、選定を行ったピアニスト小山実稚恵によるお披露目コンサートが開催された。

この連載の一覧はこちら

高さ約27mの吹き抜けを持つガラス張りの会場には、取材に集まったマスコミのほか、抽選によって招待された一般の方々50組100名が出席して華やかな時間を共有。銀座の夜景に包まれたゴージャスな空間の中、コンサートホールとはひと味違うサロン的な雰囲気の中で楽しむコンサートの魅力に酔いしれた。この「KIRIKO LOUNGE」では、東急プラザ銀座とBunkamuraの共同企画によって、定期的に文化イベントが開催される予定。サロン文化を継承する存在としてこれは大いに期待したい。

サロンの魅力とは、いったいなんだ?

さて、サロンの魅力とはいったいなんだろう。普通に考えればコンサート専用に設計されたコンサートホールの方が断然音が良いわけで、周囲の喧騒から遮断された空間の中で音楽に浸る時間は何物にも代えがたい。にもかかわらず、今回のような環境で楽しむコンサートになぜ魅力を感じるのだろう? その答えは、非日常を目指したコンサートホールの思想とは逆に、日常の延長線上にあるコンサートの持つ魅力にあるのではないだろうか。言い方を変えれば、神経を研ぎ澄ませて集中しながら聴くコンサートと、リラックスして楽しむコンサートの違いとでも言えそうだ。

今年生誕150周年を迎えたフランスの作曲家エリック・サティが生み出した「家具の音楽」の中にもそのヒントが垣間見える。晩年のサティが理想とした“家具のように生活の中に溶け込んで邪魔にならない音楽”や、そのような環境の中で気楽に楽しむ音楽が、現代人の心にも響くように思える。だからといって先日の「KIRIKO LOUNGE」でのコンサートが、弛緩した雰囲気の中で行われたのかといえば、そんなことはまったくない。聞こえてくる音楽は、その親密な空間ならではの臨場感に満ちたもの。演奏者との距離が近い分、細かなニュアンスまでが聴きとりやすいのだから素敵だ。まさにサロンの魅力再発見の瞬間ではないだろうか。

次ページサロンの寵児だったショパンとリスト
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。