映画館で「オペラを見る」時代がやってきた

ライブビューイングが開拓した新娯楽の衝撃

映画館でオペラ。今や世界70カ国に広がった人気イベントだ(写真: Ken Howard/Metropolitan Opera )

先ごろ「METライブビューイング2015-16」の最後を飾る演目、R.シュトラウスのオペラ『エレクトラ』が上映され、2015年10月、ヴェルディの『イル・トロヴァトーレ』で開幕した今シーズンの10公演すべての上映が終了した。そもそも「METライブビューイング」とは、いったいなんだ?

この連載の一覧はこちら

オペラなのだから“上映”は“上演”の間違いではないか? などと思われる方も多いと思うので、ここで少し「METライブビューイング」について説明しておきたい。

ニューヨーク州マンハッタンのリンカーンセンターにある「メトロポリタン歌劇場(通称MET/メト)は、130年以上の歴史を誇るアメリカ合衆国随一のオペラハウスにして、イタリアのミラノ・スカラ座や、フランスのパリ・オペラ座などと並ぶ世界最高峰のひとつに数えられる名門だ(1883年、ブロードウェイに建設されたオペラハウスは1966年、現在のリンカーンセンターに移転)。

上演中のオペラを映画館で同時上映

映画『月の輝く夜に』の舞台としても名高いこのオペラハウスのロビーには、シャガールの2枚の巨大な壁画が飾られ、まさにニューヨークの文化のシンボルとして、世界中のオペラファンに愛されている。このMETが、総裁ピーター・ゲルブの発案によって2006年に始めた新しい試みが「METライブビューイング」だ。その名のとおり“METで上演中のオペラを、世界中の映画館で同時上映する”というアイデアは、ともすればオペラハウスへの観客を減らす結果になりかねないようにも思えるが、結果は逆に新たなオペラファンを呼び込んでいるというのだからすばらしい。まさに発想の転換だ。

2006年12月にジェイムズ・レヴァイン指揮による『魔笛』を世界6カ国150の映画館で上映したのを皮切りに、2007年1~4月にかけて6作品を上映。以来毎シーズンMET選り抜きのステージを上映し続け、10年が経過した現在では、世界70カ国2000カ所を超える映画館で上映される人気イベントへと成長した。

次ページレベルの高さが成功のポイント
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT