プリンスは、単なる「偶像」ではなく「伝説」だ

ボウイ、プリンス、ハガードが音楽界を変えた

2006年のテレビ番組「アメリカン・アイドル」でパフォーマンスを披露するプリンスさん(写真: ロイター/Chris Pizzello)

プリンス、デビッド・ボウイ、マール・ハガード。2016年に入って音楽界の巨人3人が世を去った。ハガードが亡くなったとき、米ナショナル・パブリック・ラジオは「カントリーミュージックの伝説にしてアイコン、79歳で死亡」と評した。伝説とアイコン(偶像)という2つの言葉はしばしば同列に扱われるが、本当にそうだろうか? 違いはないのだろうか?

多くのエンターテイナーが偶像と呼ばれる。その最たる例はブリトニー・スピアーズだ。しかし、最近亡くなったこの3人のミュージシャンは異なる領域に存在するように見える。いずれもアーティストとして天才だっただけではない。私たちの文化、そして私たちの世界が、彼らの存在によって異なったものになったのは事実である。

偶像は私たちが誰であるかを示すことができる。しかし、伝説は私たちが誰になれるかを示す。

幅広い楽器の演奏を独学で身につけた神童プリンスは、自身の音楽で大胆にもエロチックなテーマを探求した。彼は新たなスタイルで、肌の色が異なる米国人を演じた。セックスシンボルでもあったこのミュージシャンは、紫のシルクとダイヤモンドでその女性的な側面を披露しつつ、演劇風の公演を行った。

社会正義を追求したプリンス

プリンスは、前代未聞のスタイルを創造し、ポップ、ファンク、ブルース、ジャズ、ロックンロールをブレンドした。音楽業界での独自のルールを定め、音楽から映画へと活動の範囲を広げた。彼の歌はあからさまに卑猥であり得るが、精神的な地平に情熱をもたらすこともできる。エホバの証人に傾倒してポップの伝統を断ち切り、メシア風の「I Would Die 4 U」など、自身の歌に頻繁に宗教的なモチーフを含めた。

哲学者でもあるプリンストン大学のコーネル・ウェスト教授は、プリンスが強い社会意識に基づいて、抑圧への反乱と社会の最も弱い者の保護を、自身の芸術に注ぎ込んだ、と指摘する。

次ページ不正に抗議する姿勢はボウイにも共通していた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT