キューバがストーンズを熱烈歓迎したワケ

共産国で奏でられたロックの「破壊力」

キューバで野外公演を行った英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」(写真: ロイター/Luke MacGregor)

原文はこちら

オバマ米大統領が歴史的なキューバ訪問を果たした後では、ザ・ローリング・ストーンズが無料コンサートをハバナで開催したことも比較的小さなイベントに思えるかもしれない。50年以上にわたる計り知れない敵愾心を乗り越えて大統領がキューバとの関係を回復させた一方、70歳代のストーンズの面々は、非常に騒々しい音楽を演奏しただけだったからだ。

しかし、象徴的な意味で、このコンサートは全く小さな出来事ではなかった。数十万人の愛情に満ちたキューバ人の前で行われたストーンズの演奏の意味を理解するには、共産党独裁政権の下で暮らしてきた人々にとってロックンロールが意味するものを理解する必要があるからだ。

1970年代のチェコスロバキア

たとえば、他の共産主義国と同様に1970年代のチェコスロバキアは荒涼として重苦しく、つまらない場所だった。二流の政党記者が論調を決め、社会全体が強制的な体制主義に覆われ、創造力が抑圧されていた。ロックンロールは、資本主義的退廃の有害な形態と見なされていたのだ。

英語で歌っていたプラスティック・ピープル・オブ・ザ・ユニバースという地元のロックバンドは70年代後半に「組織的な治安妨害の罪」で逮捕され、ローリング・ストーンズなど西側の音楽の録音は禁止されていた。

しかし、レコードはチェコスロバキアや他の東欧諸国に密輸され、後に大統領となる反体制派の劇作家バツラフ・ハベル氏ら若いファンが大切に保管していた。この騒々しく、アナーキーで、セクシーな禁断の音楽は、厳しく規制された日常の単調さからの逃避を提供してくれたからだ。

ロックンロールによって、たとえ一瞬の逃避であろうとも、人々は自由とはどういうことなのか想像できたのだ。そうした理由から、当局はロックンロールを心底、破壊的なものと見なしていたのだった。

次ページ革新的な音楽は体制にとって脅威だ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT