あえてキューバに残る若い起業家たちの思惑

米国への移民は過去最大規模だが

アントニオ・カマチョ(写真中央奥)と、姉のサンドラ(写真中央)がハバナで営む菓子店「バーナー・ブラザーズ」。多くの人が米国への移住を図る一方、キューバに残って起業に乗り出す人も増えている(写真:Mauricio Lima/The New York Times)

アントニオ・カマチョ(26)と姉のサンドラが、キューバの首都ハバナで経営する菓子店の名前は「バーナー・ブラザーズ」。今でこそ繁盛しているが、ここに至るまでに幾多のクッキーを焦がしてきた自分たちのことを「バーナー(焦がし屋)」と呼んだわけだ。

サンドラは元医師でアントニオは元営業マン。菓子作りの経験もなければ訓練も受けていない2人が起業までに繰り返した試行錯誤を物語る店名でもある。キューバは共産主義国家だが、一部業種で自営業を認めるようになってきている。

前途有望な「新興市場」

何万という若い世代のキューバ人たちが祖国に見切りをつけ、米国へと向かっている一方で、カマチョ姉弟のようにキューバに残ってこの国の未来に賭ける道を選んだ起業家も増えている。もちろん、前途は多難だ。

「今、キューバには非常に強力な新興市場が育っている」と、ハバナのベダド地区にあるバーナー・ブラザーズの狭い店内でアントニオは述べた。クッキーの価格は1個10セントだ。「私にとっては新興市場に参入するほうが、もっと歴史のあるほかの国の市場で同じことをやろうとするより容易だった」

昨年、キューバから米国へと移り住んだ人の数は、カストロ政権樹立で大量の亡命者が米国に渡った1959年の2倍を超えた。

オバマ米大統領は3月にハバナを訪問し、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談したほか、米経済界の大物たちとキューバ経済の活性化を担う同国の起業家たちとの会議に出席した。だがキューバからは医師や小規模経営者、建設労働者にウエイトレスとさまざまな職種の人材流出が起きている。レストランや宿泊施設を営む人が増えている一方で、商売に見切りをつける美容師や農家は後を絶たない。

次ページライフスタイルや着る服に変化も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT