米国の新大統領を待ち構える頭痛の数々

誰が当選しても中東や北朝鮮、中国が相手だ

ホワイトハウスの次の主が誰であろうと、外交の難題は山積みだ (写真: Tony / PIXTA)

原文はこちら

2017年1月に就任する米国の次期大統領を数多くの外交問題が待ち構えているのは明らかだ。その一部は長い間、尾を引いている。北朝鮮の核への野望、中国の世界進出戦略、ロシアのたちの悪い野心、そしてもちろん、機能不全に陥った中東の混乱などである。

誰も事前に予想しなかった危機に新大統領が見舞われる例は多い。2001年のジョージ・W・ブッシュの大統領就任時に想定されていた問題は、国防費増額や対空防衛ミサイル配備、長年にわたる多国間の軍縮義務の解除などだった。しかしふたを開けてみれば、ブッシュ政権の8年間は、アフガニスタンやイラクなど、完全に予期していなかった問題で忙殺された。

サウジの先行きは不透明

次の政権が発足した際にも同様の事態が再発するかもしれない。可能性がある事例をいくつか紹介する。

サウジアラビアから始めよう。中東における現在の混乱、特に、主要な国民国家の弱体化と過激派による暴力に強い関心を抱く人にとって、この王国の深刻な危機はダークホースとは言えない。サウジはしばしば、王制の維持に相当額の石油収入を費やして、政治上の弱点を克服してきた。

同国の政治的安定は続く可能性もあるが、信頼性は低下しつつある。原油安が長期化するとともに、(制裁を解除された)イランなど新たな産油国も台頭してきている。

大抵の国の基準からすれば、サウジの財政にはかなりの余裕がある。しかし、一部地域への影響力を強めるイランに対抗するとともに国内の不満に対処するのに、財政負担の増大は避けられない。中東情勢が分裂して過激化している中、サウジの審判の日は近いかもしれない。

次ページトルコや北朝鮮、中国も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT