オバマ大統領が核軍縮のため今やるべきこと レーガン政権の国防次官補がズバリ提言

拡大
縮小
オバマ大統領が任期最後の年にやるべきこととは? 写真は核セキュリティサミットにおけるオバマ大統領(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[3月31日 (ロイター)]- 米国大統領は任期が終わりに近づくと、しばしば核兵器について何か行動を起こそうとするものである。ビル・クリントン大統領は包括的核実験禁止条約を批准しようとしたが、共和党に阻止された。ロナルド・レーガン大統領は中距離核兵器を禁じる条約についてソビエト連邦と交渉し、全ての核兵器を一掃する夢を描いた。

そもそもバラク・オバマ大統領は、核兵器が引き起こす危険性について問題意識を持って公職に就いた人物である。2009年4月のプラハ演説において、オバマ大統領は「平和で安全な核兵器なき世界を追求する」ことを宣言した。大統領は最初の取り組みでロシアと安定的軍縮条約と一連の国際的なサミットを成立させ、核物質の安全な管理について小さな前進も見せた。

しかしそれ以来、この世界で最も危険な兵器を管理する取り組みは滞っている。

アメリカが進める核兵器の近代化

ここからさらなる進展がなければ、オバマ大統領は次の大統領に不明瞭で不安定な核政策を残したことになってしまう。核について進展がなければ、アメリカ政府は核についてリーダーシップを示せなくなってしまう。その点、2016年3月31日と4月1日にワシントンで開かれる第4回核セキュリティ・サミットは重要なものだ。

一方、この数年で、米国は核兵器を近代化するために巨額の取り組みを開始している。潜水艦、空母、陸上からの3つの核ミサイルの戦力のほぼ全ては、耐用年数が終わりに近づいており、廃棄、交換または一新する必要がある。米軍は、この3つの核ミサイルを再編する計画を立てているが、その計画を進めると核抑止力費用は向こう30年で1兆ドルに上昇する可能性がある。多くの人はその額を受け入れることができないと考えている。

次ページ並行して進む新規の配備
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT