奏者とホール、ワインとグラスの共通項は?

ホール選びは大都市ならではの楽しみだ

Hakuju Hall(ハクジュホール)では、スーパー・リクライニング・コンサートと銘打った1時間のオリジナルコンサートを行っている(写真:北山宏一)

昨秋オープンした新ホール「豊洲シビックセンターホール」でのコンサートを先日初めて体験した。豊洲駅前のビル上層部に作られたこのホールの特徴は、ステージの背後と、ステージに向かって右側の壁面がすべてガラス張りであること。この日のコンサートでは、ステージ背後のブラインドが開けられていたため、豊洲の夜景を観ながら演奏を聴くという、非日常的な空間が演出されている。しかもピアノは噂の名器ファツィオリが用意され、300席の親密な空間がとてもゴージャスに感じられたことが印象に残る。

この連載の一覧はこちら

趣向を凝らしたホールが多い東京でも、際立った個性を持つのがリクライニングシートを備えたHakuju Hall(ハクジュホール)だろう。45度の角度でリクライニングするシートは、「パリ・オペラ座バスティーユ」のシートと同じものを採用。つまり長時間のオペラを観てもお尻が痛くならない優れモノだ。「どうぞ寝てください」というキャッチコピーに誘われてリラックスした気分でコンサートを楽しむのも悪くない。コンサートは、ホール次第でこんなにイメージが変わるのだ。

より取り見取りのホール事情

さて、今から30年前の1986年に、首都圏初の“コンサート専用ホール”サントリーホールが誕生して以来、東京にはいったいいくつのホールや劇場が新設されたことだろう。代表的な大型ホールとしては、前述のサントリーホール(1986年/2006席)を始めとして、オーチャードホール(1989年/2150席)、東京オペラシティ・コンサートホール(1997年/1632席)、東京芸術劇場(1990年/1999席)、すみだトリフォニーホール(1997年/1801席)。

1000席前後の中型ホールでは、紀尾井ホール(1995年/800席)、第一生命ホール(2001年/701席)。そして500席以下の小ホールには、サントリーホール・ブルーローズ(1986年/432席)浜離宮朝日ホール(1992年/398席)、トッパンホール(2000年/408席)、王子ホール(1992年/315席)、ハクジュホール(2003年/300席)、ヤマハホール(2010年/333席)あたりが代表的。

次ページ同じ演奏家でも場所が変われば…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT