日本の輸出はなぜ激減したのか

変調きたしたストック取引

2008年9月にアメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズが破たんした。アメリカ金融市場は大混乱に陥り、保険最大手のAIUが危機に陥った。アメリカ政府は金融機関に対して巨額の資本注入を行った。日本の輸出が急減し、日本の輸出企業は大赤字に陥った。

この経済大変動が起きてから、早くも3年経った。しかし、日本では、このプロセスがいまだに完全に理解されているとは言い難い。

貿易が急減してから後のことは、これまでの経済学で理解できる。輸出という外生需要が急減したため、生産が急収縮したのだ。これは、フロー面の変化だ。

しかし、図のように、ドル/円レートの変調は、07年5月頃から始まっていたのである。6月に1ドル=123円の円安のピークをつけた後、急激な円高に転じ、08年5月には100円を突破する水準になっていた。つまり、ここまでで、2割を超える円高になっていたのだ。しかし、輸出は増え続けた。前回述べたように、フロー変数の調整は、通常は価格変化に遅れるのだ。

次ページどうして円高になったのか
人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。