集中力が変わる!ミントの効力生かす具体策

ハーブを賢く使い分けるための基礎知識

集中力が続かず、仕事が捗らない…。そんな悪循環を断ち切るために活用したいハーブがあります(写真:tycoon / PIXTA)

五月病に代表されるように、健康な方でも心身の不調を感じやすい時期になりました。理由のない不安感や、焦り、イライラに襲われているという方も少なくないでしょう。こういうときは、仕事で単純なミスを繰り返したり、注意力が散漫になったりと、負のスパイラルに陥りがちです。

そんな悪循環から抜け出すカギになるかもしれないのが、ペパーミントです。記憶力、注意力が高まるハーブとして、今年4月、英国心理学会で研究発表がなされました。今日はその効果効能と、日常生活に取り入れやすいアイテムを見ていきましょう。

長期記憶、一時記憶、注意力のすべてが高まる

子の連載の記事一覧はこちら

まずご紹介したいのは、英国ノーサンブリア大学のグループが行った研究。180人の被験者に、ペパーミントティー、カモミールティー、白湯のどれかを与え、それぞれ飲む前と飲んだ後に、記憶試験と認知機能試験、気分に関する質問を行う、という内容です。

その結果、ペパーミントティーを飲んだ参加者たちの記憶試験と認知機能試験の結果が、ほかのグループと比べ群を抜いて高く、長期記憶、一時記憶、注意力のすべてが高まるとわかったのです。

ちなみに、気分的なリラックスはできても、注意力が低下するのはカモミールティー。もともと、ペパーミントには覚醒的な作用、カモミールには沈静的な作用があると言われていましたが、このテストで、それぞれの効果の有効性が裏付けられた形です。

次ページ頭をスッキリさせる秘密
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング