集中力が変わる!ミントの効力生かす具体策

ハーブを賢く使い分けるための基礎知識

〈みわ子流、ペパーミントを摂取できるコンビニアイテム!〉
・ペパーミントティー(ミントティー)
フレーバーティーとして置いているコンビニもあるので、探してみましょう。単独のペパーミントティーや、紅茶とブレンドされているものがあります。
・フレッシュミント(ペパーミント、スペアミント)
大手スパイスメーカーからフレッシュタイプのものが出ており、生鮮食品コーナーを設置しているコンビニで見つかります。ちぎってマグカップに入れ、熱湯を注ぐだけでミントティーに。1人分目安は葉5~6枚。はちみつを入れると美味です。
・ペパーミント粉末
小瓶に入った粉末を買ってデスクに置いておくと、サラダや洋食系のメニューに一振りして活用できます。
・アイスクリーム類
外出から戻ったときや頭を冷やしたいとき、冷たいアイスは気分転換になりますね。チョコミントや、バニラ+ミント、柑橘系+ミントのシャーベットなど、種類も豊富です。
・菓子類
タブレット、ガムではお馴染みですが、チョコレート、マフィン、ハッカキャンディーなども探せます。ゼリーやジュレ、ミックスフルーツのトッピングとしても使われています。

 

お惣菜に使われているケースは少ないかもしれませんが、それ以外のアイテムまで広げて考えれば、いろいろなものが見つかりそうです。心身両方の調子を整えるために役立つハーブですので、毎日の食事・おやつのプラスアイテムとして取り入れてみましょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。