話題!「若返りビタミン」で心身はこう変わる

コンビニメニューなら肉魚、キノコ、豆に注目

キノコ類も、ナイアシンが豊富な食材の一つです(写真:kuro / PIXTA)

若返りのビタミンとして近年注目を集めている「ナイアシン」をご存じですか? 精神科医の著書などでは、10年以上前から「心の病」を治すビタミンとして紹介されてきましたが、近年の研究で、精神疾患だけでなく、加齢による老化や、傷ついた臓器・筋肉細胞の修復作用など、さまざまな“若返り”効果が明らかになっているのです。

若い世代のビジネスパーソンも、飲みすぎ・食べすぎや運動不足が原因で、臓器が傷ついたり、筋力が衰えたりしている可能性は少なくありません。今からナイアシンを摂取することは、老化防止につながるはずです。

マウスの臓器が若返った!

この連載の記事一覧はこちら

ナイアシンはビタミンB群の一種。「ニコチン酸」や「ニコチンアミド」などと総称されます。ちなみにタバコに含まれる「ニコチン」とは別物で、毒性がある物質ではありません。

ニコチンアミドの中には「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質があり、2011年には、高齢のマウスにこれを投与したところ、糖尿病の回復傾向が見られたと報告されました。なんとそのマウスの臓器状態は、若い頃の状態にまで修復されていたということです。

また今年に入ってからも、スイス連邦工科大学からニコチンアミドの一種「ニコチンアミドリボシド」に関する研究報告があり、これを投与した高齢マウスの筋力が再生され、ほかのマウスより長生きしているため、筋肉の再活性化促進効果があるようだ、と発表されています。

次ページ不足するとダイエットの効率が下がる!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT