話題!「若返りビタミン」で心身はこう変わる

コンビニメニューなら肉魚、キノコ、豆に注目

キノコ類も、ナイアシンが豊富な食材の一つです(写真:kuro / PIXTA)

若返りのビタミンとして近年注目を集めている「ナイアシン」をご存じですか? 精神科医の著書などでは、10年以上前から「心の病」を治すビタミンとして紹介されてきましたが、近年の研究で、精神疾患だけでなく、加齢による老化や、傷ついた臓器・筋肉細胞の修復作用など、さまざまな“若返り”効果が明らかになっているのです。

若い世代のビジネスパーソンも、飲みすぎ・食べすぎや運動不足が原因で、臓器が傷ついたり、筋力が衰えたりしている可能性は少なくありません。今からナイアシンを摂取することは、老化防止につながるはずです。

マウスの臓器が若返った!

この連載の記事一覧はこちら

ナイアシンはビタミンB群の一種。「ニコチン酸」や「ニコチンアミド」などと総称されます。ちなみにタバコに含まれる「ニコチン」とは別物で、毒性がある物質ではありません。

ニコチンアミドの中には「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質があり、2011年には、高齢のマウスにこれを投与したところ、糖尿病の回復傾向が見られたと報告されました。なんとそのマウスの臓器状態は、若い頃の状態にまで修復されていたということです。

また今年に入ってからも、スイス連邦工科大学からニコチンアミドの一種「ニコチンアミドリボシド」に関する研究報告があり、これを投与した高齢マウスの筋力が再生され、ほかのマウスより長生きしているため、筋肉の再活性化促進効果があるようだ、と発表されています。

次ページ不足するとダイエットの効率が下がる!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?