サラダを「食卓の主役」にする簡単5つの手順

色も味も多彩にして植物バワーを取り込もう

いちごやアボカド、松の実を加えたホウレンソウのサラダ。見栄えも味も素晴らしい (写真: 2016 Dreamstime/ ロイター)  

カラフルな植物でいっぱいの大きな皿に、おいしそうなドレッシング。大盛のサラダがここ数年、私の毎日の夕食のレパートリーとなっている。嬉しいことに、こうしたコンセプトがついに、報われる愛を得た。野菜ベースの食事がこのところ注目を浴びているからだ。

今夜の夕食の星に

1980年代の、ドレッシング抜きの簡素なサラダは忘れていただきたい。以下の5つのアドバイスに従い、今夜の夕食の星として、サラダをクリエイティブに楽しもう。

1.独自のベースを築こう : 緑色に輝くサラダをあなたの方法で

独自のサラダベースを築こう。レタスは低カロリーなので、たくさん使えるし、繊維と水分で満腹感が得られる。また、葉野菜はビタミン、ミネラル、ファイトニュートリエント (健康を促進する植物化学物質) が豊富だ。氷はご法度だ。葉野菜の豊かな風味と数々の栄養素を損ねてしまう。

世の中には素晴らしいレタスがたくさんある。新たなものを試してみてはいかがだろう ?

初めはロメインレタスが良いだろう。だが、ホウレンソウ、ルッコラ、メスクラン、サニーレタスなどバリエーションは広がる。キャベツやケール、新鮮なハーブにはがんを抑制する物質が含まれている。旬なものや、あなたに合ったものを考えて、独自のサラダベースを作ってみよう。

2.いろいろな野菜で飾ろう : バラエティー豊かでカラフルに

ベースができたら、皿を思う存分の野菜で色付けしよう。私は手元にあるものは何でも使う。ニンジン、大根、ピーマン、アボカド、トマト、ビート、もやし、オリーブ、アーティチョーク、芽キャベツ、玉ねぎなどだ。地元の旬の野菜を加えれば、味も格別になるだろう。

次ページフルーツや豆、穀物で鮮やかに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT