彼氏は毛が1本?英語で気を付けたい「一言」

「恋人ができました」報告がすごい恋バナに?

年下の長髪のイギリス人を自分でナンパして、同棲を始めたというハナコさん。もうすでにこの甘い生活は1カ月も続いているのだとか。仕事中も彼のことが気になり、気が気ではないとのこと。

彼は彼で、毎日ハナコさんの帰りをまだかまだかと待っていて、家に帰るとすっ飛んできてハグするらしいのです。すっ飛んでくるのは極端だとしても、ハグすること自体は、外国ではよくあることですので驚きません。でも、改めて日本でこんな話を聞くと、なんともラブラブで、本当に「ごちそうさま」という感じですね。クラスメートも「さすが、外国人の彼氏はちがうなぁ」と納得の様子でした。

でも、家でずっとハナコさんを待っているということは、彼氏は無職?
仕事をしないで日本にいるイギリス人って……。たまたま失業中なのか、学生なのか。いや、学生だって学校は行くでしょうし、もしかして不法滞在?なんて、筆者は不安になってしまいました。でも、そんなことは誰も気にならない様子。「愛があれば、ほかには何もいらない」ってやつですかね、きっと。筆者はそういう感覚、ずいぶん前に忘れてしまいました。何なら、「ちゃんと仕事をしている人にしなさい」とハナコさんを諭したい。

幸せいっぱいのハナコさん、スピーチをしながらも本当にうれしそう。今はとにかく、彼のために料理をするのが、至福なのだとか。ハナコさんが料理をしている間、彼はずっとキッチンに一緒にいてくれるみたいです。「それって邪魔じゃない?」なんて聞いてはいけないですね。

大食漢

彼の好物は鶏肉。なんと毎日、鶏肉を食べるようなのです。でも、white meat (鶏や魚などの白身肉)は健康的でいいですね。ハナコさんによると、

× He eats a chicken every day.

なのだそうです。いや、まさかね……。

これ、このまま訳すと「彼は毎日鶏を丸ごと1羽食べるんです」という意味です。食欲もすごいことになりますが、食費もすごいことになりそう。これも先ほどの髪と同様、冠詞の間違いだと、すぐに気づきました。

chicken を数えられる名詞として、a chicken と言うと「鶏一羽」という意味になってしまいます。ふつうに私たちが考える「鶏肉」という意味では、数えられない名詞として as をつけずに chicken と言います。つまり、正しくは

He eats chicken every day. (彼は毎日鶏肉を食べます)

となるのです。同様のことが、キャベツやピザ、ケーキなどにも当てはまります。

次ページ冠詞や単数形・複数形に気をつけよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT