その起業に「社会に貢献したい!」はあるか

儲かると考えて始める事業は、まず失敗する

ここに、かねてから気に掛かっていたもう一つの思いが重なる。それが、「クリティカルワーカーに活躍の場を」というものだ。「一流の会社は日本にもたくさんありますが、一流の人材に成長をコミットできる会社は少ない。ならば、優秀な人材しかいない会社をつくり、彼らが活躍・成長できる機会を提供しようと考えたのです」

それは牧野氏がシステムコンサルタント時代に感じていたことでもあった。

「優秀な人と仕事をすると楽しいのです。とくにシリコンバレーで仕事をしたときは、猛烈に仕事をする人たちを目の当たりにしました。なぜ報酬もそこそこに懸命に働くのか。それは“キャリアを積んで、めざす会社に入る”という目標が彼らにあったからなのです」

しかし、それこそ世界を変えるようなプロダクトを生み出す面白い会社に入社しても、すぐに次の目標を掲げる。その一つが起業だ。つまり、シリコンバレーで働く人々はつねに成長のことしか考えていない。それが牧野氏には新鮮だった。

「日本で大きな会社はたくさんあるが、どれだけ自分が成長できるかという視点で考えると、シリコンバレーのような会社は日本にはなかったわけです。だからこそ、とにかく優秀な人しか採らないという方針を立て、起業したのです」

会社の成長は人材にかかっている

優秀な人材の採用についても、90年代後半以降、金融機関から多くの第二新卒を採ったことが成長につながったという。

「優秀な人ほど社会に貢献したいと思うものです。しかし、気をつけなければいけないのは、優秀な人だけを採ろうとすると、人が採りづらくなることです。結果、会社の成長率も落ちていく。一方、優秀ではない人を採ると、成長はするが、もしものときに業態転換できなくなる。ただ、それでも会社が成長する一番の理由はビジネスモデル云々ではなく、人にあるのです。どれだけ優秀な人を採用できるか。それが会社の成長につながるのです」

次ページ社員の報酬を3割ほど引き上げ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。