その起業に「社会に貢献したい!」はあるか

儲かると考えて始める事業は、まず失敗する

では、これから起業したいと思う人はどうすればいいのだろうか。とくにベンチャー起業の際に最初に取り組むべき課題は資金面だ。とりわけ開業資金の融通がその第一歩になるだろう。この点について石井氏はこうアドバイスする。

「まずは日本政策金融公庫で相談すればいいでしょうね。基本となるビジネスプランの作り方も教えてくれます。窓口には人材がそろっていますから、ぜひご相談いただければと思います」

また、開業資金だけではなく、運転資金や事業拡大など、もう少し大きい資金が必要な場合はどうか。

「かつては、融資の際に個人保証をとるケースも見受けられましたが、それでは普通のビジネスパーソンがチャレンジするには敷居が高すぎます。今は融資の際にできるだけ個人保証をとらないような流れになっています。さらに成長期にあるベンチャーになれば、産業革新機構・中小機構などを活用することもお薦めします。政府もこうした支援を活発に推し進めており、まずは今あるものから活用してみてはいかがでしょうか」

米国でも政府が旗振り役をやっている

ただ一方で、国の政策と言えば、とかく慎重になり過ぎる傾向があることも確かだ。ベンチャー支援はこれまでも行われてきたが、どうしても失敗を恐れて、今一歩踏み込めないところもあった。こうした事情については石井氏も自覚しており、改善点を探ってきた。

「たとえば、アメリカではベンチャー育成に政府が係わっていないと思われていますが、実はさまざまな規制を乗り越えて、政府が旗振り役となって、ベンチャーキャピタルをはじめとしたさまざまな資金がベンチャーに行き渡るような仕組みをつくってきました。

アメリカは、こうした政策を30~40年間も続けています。その間、さまざまな障壁があったのでしょうが、一つひとつ問題を解決していくことで、ベンチャーが育ちやすい環境をつくることができたと言えるのです。何ごとも一朝一夕には進みません。日本ももっと長い目で見ながらベンチャー育成ができるような政策や制度をつくっていくべきだと考えています。その意味では、私も皆さんと一緒になってベンチャー育成のためにチャレンジしたいと思っています」

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT