エリート以外の99%はコミュニティが仕事場 藤原和博(その1)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
印刷
A
A

藤原:そのコミュニティーソリューションの中でも、付加価値レベルが高い仕事と、低い仕事に分かれていくと思う。

渡邉:なるほど。現実には、付加価値が低い仕事のほうが7割ぐらいを占めていますよね。おそらく、放っておくと失業率がどんどん上がっていくでしょうね。

藤原:はい。そうだろうなと思います。

メーカーは日本を出ていく

藤原:一見、今までの話と関係ないように思うかもしれないけど、これからの仕事を考えるには、エネルギー問題は抜きにできません。私の推測ですけど、20年後に、日本の消費総電力量は半減していると思います。

渡邉:そんなに減りますか。

藤原:減ると思うね。

まず、家庭の節電が完全に常識になっていて、子供たちにも節電の習慣がますます付いていく。それに、日本の家電メーカーや建設業界は、省力化の技術が高いので、節電のモデルがどんどん出てくると思うんですよ。しかも、もう少し時間が経つと、人口だけでなく世帯数も減っていく。そうなると当然、家庭の電力消費量も減っていくはずです。

もう一つ大きな要因として、為替水準にかかわらず、日本のメーカーはもう海外に出ていかざるをえないと思うんですよ。電気代がまず高くなるでしょ。それから消費地に工場が近くないと、メーカーはどんどん不利になりますから。ずっと頑張っていたトヨタでさえも、もう厳しいでしょう。消費電力量の非常に大きい製造業が海外に出ていけば、産業界全体の消費電力量も下がってくると思う。

だから、家庭と産業の両方の電力消費量が減ることで、半減は大げさだとしても、現在の7、8割ぐらいまでには、消費量は下がると思うんです。そうすると、原発はもういらないんですよ。20年後は、半減した消費電力量のうち、半分を自然エネルギーが占めるというのが理想になると思うし、それが可能になるんじゃないかな。

渡邉:その話と仕事の話はどうつながってくるんですか?

藤原:結局、仕事が海外に出ていっちゃうということ。

渡邉:つまり、失業率が上がる?

藤原:そう。もしかしたらわれわれが想像するよりも早く。

(撮影:梅谷秀司)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT