エリート以外の99%はコミュニティが仕事場

藤原和博(その1)

そのコミュニティ側が、さらにいくつにも分かれていくんだと思う。渡邉さんが本の中で「ジャパンプレミアム」と呼んでいる仕事に近い。日本人でないとできない仕事だよね。

私が渡邉さんの本を読んで感心したのは、たとえば住宅のセールスや、保険のセールスでは、仮に日本語ができる外国人が来ても、やっぱりそいつから買うのは 嫌なんじゃないのって、はっきり書いてあったところ。その感覚は生活実感があってすごくよかったですね。私もそのとおりだと思います。

だから、もちろんスターバックスで、コーヒーを出してくれる店員は、別に外国人でも気にならないと思うんだけど、家を買うときや保険に入るときはやっぱり、日本のことをよく知っている日本人のほうがいいという話になるよね。

つまり大ざっぱにいうと、仕事は2つに分かれていく。一方は、一握りのグローバルで戦うエリートの仕事。もう一方は、コミュニティーソリューションの仕事。

渡邉:1対99みたいな、分かれ方になる。コミュニティソリューションのほうが、ほとんどを占めるということですね。

藤原:そうなると思います。ただ、コミュニティソリューションにはいろいろな仕事が含まれます。

渡邉:公務員も含んでいますか?

藤原:公務員は全部含んでいます。要するにコミュニティというか、日本で貢献する仕事をすべて含んでいるんですよ。たとえば、私みたいに教育改革をやっている人間はここに入ります。決してグローバルで戦う1%ではないですよ。

渡邉:そうですね。

次ページ電力消費量は半減する
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。