リーダーの条件は“思い”。何かを変えたいという気持ちがなければ旅の仲間は集まってこない--出口治明・ライフネット生命保険社長(第5回・最終回)

リーダーの条件は“思い”。何かを変えたいという気持ちがなければ旅の仲間は集まってこない--出口治明・ライフネット生命保険社長(第5回・最終回)

--最近の若者は海外に出たがらないと言われていますが、どう思われますか。

大企業では、企画、総務、人事など役員のお手伝いをしていた本社の人間が偉くなるわけでしょう。そのようなシステムを見ていて誰が海外に行きたいと思いますか。会社をグローバルにしたければ、「海外で10年以上仕事をしなければ、部長や役員にはなれない」と言えばいい。仕組みを作れない大人が悪いんです。

日本人の英語力もTOEFLで見るとアジアで下から二番目ですが、勉強しない学生が悪いわけではありません。経団連会長が「TOEFL100のスコアを持っていなければ、経団連の企業は面接しません」と言えば、瞬時に学生はみんな勉強するようになります。

「今時の若者はダメだ」と言って成長した社会は歴史上ありません。インセンティブを与えるような仕組みを作らないから、日本社会は競争力をなくしているのではないでしょうか。

僕は、経営陣に女性や若者をいれるだけで、瞬時に日本の株価は10~20%は上がると思っています。先進国で日本の株価ほど低い株価はないですよね。日本の経済が落ち込んでいったのは、20世紀後半50年の成功体験を忘れることができなからだったと思っています。

ようやく去年くらいから経産省や日本の成長戦略に、グローバル化について書かれるようになりましたが、内容は前川レポートと一緒です。90年前後にグローバル化の必要性は既に前川レポートに書いてあるのに、日本は40年体制の成功体験を忘れることができなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。