なぜ「ヤンキーの虎」は地方を支配できるのか

「伝統的エリート」では、地方を建て直せない

「マイルドヤンキー」を束ねている「ヤンキーの虎」たち。なぜ地方で強い存在でいられるのか(写真:Luxpho / PIXTA)
前回、地方経済で急速に勢力を増している「ヤンキーの虎」の存在を紹介したところ、大きな反響があった。地方消費の担い手である「マイルドヤンキーたち」を雇う「ヤンキーの虎」は、なぜ疲弊する地方経済の中でも強いのか。引き続き、レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長兼CIO(最高投資責任者)が解き明かす。

ニトリHDの似鳥会長は、典型的な「ヤンキーの虎」

「ヤンキーの虎」というと、新しく出てきた勢力のような印象を受けますが、決してそうではありません。

地方の消費が、比較的低学歴で結婚・出産が早め、東京にはあこがれず、仲間・クルマ・EXILEを愛する「マイルドヤンキー」によって支えられていることは、指摘されてきたとおりです。しかし、彼らを束ねる「ヤンキーの虎」たちはもとからたくさんいて、今も「虎たち」は育っています。

「ヤンキーの虎」は、自らの地元で勢力を拡大するので、東京などの大都市に進出したいとは考えていないのが特徴です。しかし、今や誰もが知っているような大企業にも、地方出身の「虎」が独自の進化をしたケースが少なくありません。

例えばズバリ当てはまるのは、北海道を地盤とする家具・インテリア大手のニトリホールディングスです。創業者である似鳥昭雄さんが日本経済新聞の「私の履歴書」で、毎回「ヤンキー」なエピソードを赤裸々に語っていたことは、大きな話題になりましたよね。

またカジュアル衣料最大手のファーストリテイリングも、今では日本を制覇し、世界に進出していますが、元をたどれば山口県の洋装店が出発点。会長兼社長である柳井正さんはその2代目。東京で学び、いったん地元に戻って「家業」をとてつもなく大きくした。いわば「高学歴ヤンキーの虎」とでもいえる存在です。

他の全国規模のチェーンストアも、出身を見れば、もとは「ヤンキーの虎」といってもいい存在です。イオンはもちろん伝統こそありますが、三重県の虎だし、百円ショップのダイソーは広島の虎。家電量販店もそう。ヤマダ電機、ケーズデンキHDなど、大手はみんな地方の虎です。これらの企業は、地方から持ち前のド根性で戦い、創意工夫をして全国に進出して行ったのです。

次ページなぜ「ヤンキーの虎」は手堅く儲けられるのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。