なぜ「ヤンキーの虎」は地方を支配できるのか

「伝統的エリート」では、地方を建て直せない

さらに、「ヤンキーの虎」企業が若くて、意思決定が早い小集団であることも、優れたパフォーマンスをあげることができる要因です。ここにも日本の大企業が学ぶべき点があります。

日本の大企業病も「ヤンキーの虎」と比較するとわかる

 根本的に、企業経営とは一人またはごく少数のオーナーが取り仕切るもので、事業継続は一子相伝(子供一人だけに奥義を伝えること)です。コーポレートガバナンスというと一見聞こえはいいですが、これは、いわばオーナーの遺産を、血のつながっていない社員達が受け継ぎ、食うための仕組みのようなものです。もちろんそれ自体は悪いわけではありませんが、事業継承をするときには、「虎」的にリスクを果敢にとるような人を選び、その人に独裁的な地位を与えることが重要なのです。

ところが日本の場合、1代で経営してきたオーナー企業をサラリーマン集団にしていくのが事業継承だと思っている人が多いのです。ひとつひとつの意思決定をこまかく集団合意で決めるのが民主主義だと考えているので、結局創業経営者以外の人に経営を委ねることは難しくなっています。

上の画像をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします

海外では違います。たとえば、米国は仕組みそのものが民主的なプロセスで「独裁者」を選ぶようになっています。大統領だってそうですよね。最大8年の任期という権力を与えられ、強いリーダーシップをとることができます。

その代わり、米国の有権者は長い選挙期間で人を見て、民主的なプロセスで「独裁者」を選びます。これが民主主義とリーダーシップを両立させる仕組みです。

企業経営も同様で、米国の経営者はパフォーマンスさえ出せば独占的な力を維持できるようになっています。もちろん、パフォーマンスさえ出せば何でも許されるわけではありません。しかし、米国以外でも、世界には鴻海精密工業(ホンハイ)の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長のような、意思決定の早い人たちがリーダーシップをとって戦っています。

こうした激しい競争の中で、意思決定が遅い集団合議制を取る日本企業がグローバルで勝てるわけがありません。私たちは、独裁者的なスタイルの経営者を民主的なプロセスで選ぶのがコーポレートガバナンスであるというふうに意識を変えなければいけません。

地方にいる「ヤンキーの虎」は存在さえ知られていないか、過小評価されているわけですが、実は地方だけの話だけではないのです。むしろサラリーマン化している都会の大企業こそ、学ばなければならない点がたくさんあるのです。                  (構成:渡辺 拓未)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。