勉強嫌いの子に教えたい!「Gノート」の威力

「退屈」は「面白い」に自ら変えられる

勉強ができる生徒の中には、この方法を無意識に作っている生徒がいるから驚きです。しかし、多くの生徒にはその方法を教えてあげなければ、なかなか自分では気づきません。今回はその方法のうち、ひとつのやり方をご紹介します。それは、

「グラフィック(図式化)」です。

これで「つまらない→楽しい」に仕立て上げていきます。

受け身の「黒一色の板書」をこう変えよう!

「グラフィック」には、「ノート」を使います。子どもが学校の授業で普段使っているふつうのノートのことです。お子さんのノートを見てみると分かると思いますが、だいたいは黒一色です。色分けされていても、それは自分で書いたのではなく、黒板に先生がそう書いたから、自分もそのまま写して書いたにすぎません。

しかし、勉強ができる子の中には、ノートを自分用にオリジナル化している子がいます。筆者が見てきた限り、できる子はかなりの割合でノートの取り方が違います。そこには、図があったり、色分けして見栄えよくにしたりしています。まるでファッションのように、ノートもカスタマイズし、オリジナリティあふれるノートを作っているのです。

これだけを聞くと、「何かテクニックがあって、難しそう」と思われるかもしれませんが、簡単なもので、誰にでもできます。

【グラフィック・ノート(Gノート)の作成】

 

はじめに、重要なことは、「心構え」です。精神論ではなく、こういう感じでいた方がいいですよ、という意味での心構えです。それは、「グラフィック・ノートを書くことは、勉強ではなく、“遊び”感覚で作るということ」です。つまらないことをいかに、楽しむか、それは、ノートづくりを遊びだと考えてしまうことなのです。板書や先生の話したことを題材に「遊んでやろう」という意識を持ってみるのです。

遊びと聞いて心配になった保護者の方、大丈夫です。遊びとはいうものの、この単純な作業は、実は奥の深い意味があり、構造化する、発想するといった能力が高まると同時に、学力(いわゆる学校のテストで点数がとれること)アップにもつながる“高度な作業”なのです。その作業は次の3つで構成されています。この3つで、遊んでしまいます。

①図にする(〇、□、直線、曲線、矢印だけ。それ以上の図を使いたければやりたければやりたいように)

→ イラストを描くとさらに面白くなるのですが、(絵文字のような)イラストとなると、「自分は書けない!」となるので、ただの〇、□、矢印といった部品だけでもいい。これを使って、授業中の内容を図にしてしまう。

②色を使う(特に種類指定なし。お子さんのやりたいように)

→ 重要そうだと思ったら、色を使って強調する。何種類か色を使ってカラフルにしてしまう。どこが重要かは、自分の考えで“勝手に”決めてしまう。とにかく、手を動かして色を入れる。

③場合によっては付箋(ふせん)を使う(色の種類指定なし。やりたいように)

→ 付箋は使い方が色々あります。例えば、わからない部分があれば、それを付箋に書いて貼っておく。それから、重要そうなページに貼っておくなど。

なかなかイメージがわかないと思いますので、ここでひとつ例を挙げましょう。

次ページ小学5年生の楽しいノート
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT