勉強嫌いの子に教えたい!「Gノート」の威力

「退屈」は「面白い」に自ら変えられる

画像を拡大
ある小5男子が書いたノート。文字のグラフィック化から発展して、地図まで描いている

この写真は、小学校5年男子が社会の授業中にとったノートです。黒板には文章だけが並んでつまらなく、わかりにくかったので、自分でグラフィックにしてみたというものです。地図は、地図帳を観て描いたようです。そこに矢印で動きを、色でメリハリをつけたのです。

どうでしょう、本人が楽しんで書いているのが伝わってきませんか。字はきれいとは言えませんが、別にノートは人に見せるものではありませんので、自分で理解できればいいでしょう。

覚えることは後回しでいい!

石田先生の近著。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

この子には、事前にGノートについて簡単に話をして、「もし授業中わかりにくい、面白くないと思ったら、図にしてしまうといいよ」と話をしただけですが、それを聞いて自分流に解釈し、この写真のように描いたのですね。感想を聞くと「結構面白い!他の教科でもやってみる!」と意欲的になっていました。

別にノートに書いた知識を覚える必要はありません。単純に、つまらなく見えていたノートを子ども自身の手で面白くしてしまうだけです。

これは絵を描くこととは異なるので、絵が上手、下手は関係ありません。誰でもできる簡単な“作業”です。これまで行ってきた数々の例では、特に中学2年~高校3年では効果が絶大で、受験勉強に威力を発揮しました。さらに大学生になってから、社会人になってから、たとえばつまらない文章羅列のレジュメをグラフィックにするなど、使えるツールです。

お子さんには、「ちゃんと授業のことをノートに書きなさい!」ではなく、「ノートをカラフルにして図にしてごらん!」と言ってみてはいかがでしょうか。きっと、やるとすぐに面白くなっていきます。すると、勉強をやっているという感覚が無くなり、いつしか書いてある内容がインプットされるという、嬉しい副産物まで出てくるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。