要注意!業績下方修正"常習犯"ランキング

3年で8回も約束を破った会社は?

業績の下方修正は株価下落に直結する。決算説明会での経営陣の表情は厳しい(撮影:梅谷秀司)

3月決算企業の本決算発表が4月下旬から本格化する。上場企業は、経常利益や純利益の前期実績、あるいは直前に公表された会社予想に比べて、新たに算出した予想値に、30%以上の乖離が生じた場合などに、開示が義務づけられている。

特に今年は、年明け以降、円高の進行や原油価格がさらに下がるなど市場環境が激変。企業業績の下振れ懸念が強まっており、警戒が必要だ。

下方修正を繰り返す“常習犯”も

また下方修正の場合、環境要因以外に、会社の姿勢が問題となるケースも多い。見通しが甘く、期初に高い目標を掲げて下方修正を繰り返す“常習犯”もいる。

そこで今回は、直近本決算までの3年間において下方修正回数が多い会社のランキングを作成した。表の乖離率は3年分の実績値を期初計画値で割って算出したもの。乖離率がマイナスということは、黒字計画から実際は赤字で着地したことを示している。

この3年間は、2015年夏ごろまで基本的に経済状況はよかった。それだけに、表に顔を出している会社はより不振ぶりが際立つともいえる。

次ページ8回も下方修正したのは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。