最新!「設備投資を増やす会社」ランキング

上位に目立つのは「内需系」の企業

ランキング上位はいわゆる「内需系」の企業が目立つ

設備投資は企業の成長の源泉。新規投資がなければ一段の飛躍は望み薄だ。

設備稼働後に発生する減価償却費は固定費であり、償却費を上回る投資は他の経費が一定だとすれば、売上高が大幅に増えないかぎり、目先の利益を圧迫する。それでも巨額の投資に踏み切るのは、トップが業績の先行きに対して自信を持っている表れと受け止めることもできるだろう。

足元の収益環境は不透明感が極めて強い。世界各国で金融緩和の効果が薄れ、成長期待が低下している。

「攻めの経営」に打って出ている企業

今回のランキングはそうした中でも「攻めの経営」に打って出ている企業の一覧といえそうだ。会社が業績予想を公表している決算期に償却費以上の設備投資を実施する企業(投資予定額10億円超)に絞り込み、投資額の伸び率が前の期に比べて高い順に並べた。

ランキング上位に目立つのがいわゆる「内需系」の企業だ。建設、道路、不動産、物流、不動産関連の銘柄が名を連ねている。

次ページ「ディフェンシブ」銘柄が上位に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT