目前の五輪を見送る、「一流」佐藤悠基の戦略

期待のエリートランナーの「勝負観」

オリンピックでメダルを獲得したとしても、大会主催者のIOCから賞金が出ることはなく、出場料もない(日本の場合、金メダルを獲得すれば、JOCから300万円、日本陸連から2000万円の報奨金が支給されるが、ケニアの報奨金はかなり低い)。その一方で、ロンドン、ベルリン、東京などの大型都市マラソンには、高額賞金(優勝賞金で1100万円など)だけでなく、タイムボーナス(世界記録で3000万円など)、出場料(複数年で数千万円単位の契約もある)も発生する。特にケニアの“プロランナー”たちは、世界大会の本気度が低下しており、「国の名誉」より、「ビッグマネー」への意識が強くなっているのだ。

またオリンピックや世界選手権は夏に開催されるため、気象条件がよいとはいえず、ペースメーカーもいないため、「記録」を狙うようなレースにならない。そこで、佐藤は好タイムを目指すために、どうすべきか。マラソンランナーとしての“戦略”を練ってきた。

「ニューイヤー駅伝の前から距離を踏めていれば、五輪選考レースに出ることも考えていたんです。でも、そういう状況ではありませんでした。中途半端な状態なら、出ないほうがいい。今年からは、マラソンで結果を求めていくので、そのためには、きちんと準備期間を設けて、自信を持って挑むことが大切だと考えています。前々から白水(昭興)総監督と相談していたことで、昨年の夏から、『今年の春には記録を狙いにいくぞ』という話をしていたんです」

過去3度のマラソンは“失敗”ではなく“実験”

筆者が佐藤悠基の「マラソン」に注目している理由として、これまでの華々しいキャリアがある。佐藤は3000mで8分24秒24の中学記録(当時)、1万mで28分07秒39の高校記録、5000mで13分31秒72のジュニア日本記録を樹立。箱根駅伝では3年連続で区間新を叩き出した。日本選手権でも1万mで4連覇(11~14年)を成し遂げ、一昨年は5000mも制して長距離2冠を達成。“日本長距離界のエース”として君臨してきた。

トラックや駅伝で無類の強さを発揮してきた佐藤だが、マラソンだけは結果を残していない。過去3回のマラソンは、13年の東京が2時間16分31秒、15年の東京が2時間14分15秒、同年9月のベルリンが2時間12分32秒。トラックの実績から考えると、明らかに期待外れだ。しかし、佐藤のなかでは、まずまず“順調”だったという。

「1回目のマラソンで失速していますし、外野の声はあまり気にしないようにしています。どうせ言われていることはわかっていたので(笑)。でも、自分のなかでは、過去3回のマラソンは予想の範囲内ですし、ステップは踏んでいるので、そこは納得していますよ」

過去2回の東京マラソンは、1カ月ほどのトレーニング期間で、月間走行距離は700~800kmほど。佐藤は、「距離を走らないでどんな反応が起こるのか」を意図的に試したという。昨季は故障のため連覇のかかった日本選手権を欠場したが、7~8月は月間900~1000kmを走り込み、9月のベルリンに挑戦した。

次ページベルリンでの試み
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT