5月病は「4月の過ごし方」次第で予防できる

「嬉しい」「楽しい」感情もストレスに化ける?

「私はどちらでもよいので、決めてください」「ご都合に合わせます」が口癖になっている方、いらっしゃるのではないでしょうか。特にまだ関係が深まっていない人との間では、遠慮の気持ちから、ついつい発してしまうことも多くなるかと思います。

謙虚で美しい対応かもしれませんが、これを続けていると、まず「自分の気持ち」がつかみにくくなります。「表出しない感情は退化する」と言われているように、自分の感情を表現しないと、自分の気持ちがわかりにくくなってしまうのです。

「退化」といっても、この気持ちは、なくなったのではありません。押し込められて、わかりづらくなっているだけ。ですから、知らず知らずのうちにストレスをため込んでいることにも気づきにくくなります。そうなると、自分が疲弊した状態を放置してしまうことになりかねません。

「嬉しい」「楽しい」感情もストレッサーに?!

誰かと一緒に外食をするとき、メニュー選びの場面でこの傾向が強いかどうかわかります。「AランチとBランチあるけど、どっちにする?」「食後に200円でコーヒー付くみたいだけど、どうする?」などと、まず相手に聞いてしまう方は要注意。自分が何を食べるか、コーヒーを飲むかどうかなどの選択に、まず相手の意向を確かめてしまう言動をしてしまう方は、「他者優先」が行き過ぎ、自分を大切にできていない傾向があります。

思い当たる方は、「自分はどう感じているのか」「自分はどうしたいのか」を自問自答する時間を作るよう心掛けてください。心身の不調に陥ってはじめて、自己理解の不足に気づく……なんてことになりかねませんので、外に目が向きがちな今だからこそ、積極的に自分と向き合うことが重要です。

ストレスの原因となるもの(ストレッサーと言います)は、なにも「嫌なこと」「悲しいこと」「辛いこと」だけではありません。実は、ストレッサ―になり得るのは、マイナス感情よりむしろ「変化」という刺激です。通常の状態に変化を及ぼす刺激こそが、ストレッサーの正体。だから、「嬉しい」ことや「楽しい」ことも、すべてストレッサーになるのです。

ということは、環境の変化する時は、自然とストレスが溜まりやすくなります。異動や転勤の後、非常にわくわくする環境変化であっても、「うつ」を発症するようなケースは珍しくありません。

次ページ心身の不調につなげないために、今すべきこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT