アメリカの大学・ニッポンの大学 苅谷剛彦著

グローバル化時代の大学論

グローバル化時代の大学論(1) アメリカの大学・ニッポンの大学 苅谷剛彦著

グローバル化の下、大学も国境を超えた競争にさらされている。大きく立ち遅れた日本の大学は、ティーチングアシスタント(TA)制度やシラバス、授業評価といった米国発の制度を取り入れ改革を目指したが、いまだにその有用性は見えてこない。かつて日本の大学教育の空洞を埋めていた高い受験学力も消え失せた今、日本の大学はなお模索を続けている。

教育社会学者として日米英の大学で教鞭を執った著者が、20年前に出版した同名著書に、新たな日米大学比較論を加えて新書化。問題があることがわかっていても変えられない日本の大学と根強い社会構造、20年の時を経てより深刻化する日本の大学教育に警鐘を鳴らす。

中公新書ラクレ 882円

  

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT