アメリカの大学・ニッポンの大学 苅谷剛彦著

グローバル化時代の大学論

グローバル化時代の大学論(1) アメリカの大学・ニッポンの大学 苅谷剛彦著

グローバル化の下、大学も国境を超えた競争にさらされている。大きく立ち遅れた日本の大学は、ティーチングアシスタント(TA)制度やシラバス、授業評価といった米国発の制度を取り入れ改革を目指したが、いまだにその有用性は見えてこない。かつて日本の大学教育の空洞を埋めていた高い受験学力も消え失せた今、日本の大学はなお模索を続けている。

教育社会学者として日米英の大学で教鞭を執った著者が、20年前に出版した同名著書に、新たな日米大学比較論を加えて新書化。問題があることがわかっていても変えられない日本の大学と根強い社会構造、20年の時を経てより深刻化する日本の大学教育に警鐘を鳴らす。

中公新書ラクレ 882円

  

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT