アメリカの大学・ニッポンの大学 苅谷剛彦著

グローバル化時代の大学論

グローバル化時代の大学論(1) アメリカの大学・ニッポンの大学 苅谷剛彦著

グローバル化の下、大学も国境を超えた競争にさらされている。大きく立ち遅れた日本の大学は、ティーチングアシスタント(TA)制度やシラバス、授業評価といった米国発の制度を取り入れ改革を目指したが、いまだにその有用性は見えてこない。かつて日本の大学教育の空洞を埋めていた高い受験学力も消え失せた今、日本の大学はなお模索を続けている。

教育社会学者として日米英の大学で教鞭を執った著者が、20年前に出版した同名著書に、新たな日米大学比較論を加えて新書化。問題があることがわかっていても変えられない日本の大学と根強い社会構造、20年の時を経てより深刻化する日本の大学教育に警鐘を鳴らす。

中公新書ラクレ 882円

  

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。