ルノーが復活をもくろむ「往年の名車」の正体

アルピーヌ「ビジョン」は「A110」の再来か

今回はフランスの往年のスポーツカー、アルピーヌについて

アルピーヌの再始動

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

クルマと社会の交差点にある「クルマ文化」にストップかゴーの判定を下す好評連載。今回のテーマは、往年のフランスの名スポーツカーの復活について。いま、自動車好きのあいだでホットな話題。それはフランスの往年のスポーツカー、アルピーヌの再始動だ。栄光の日々を思い出させるスタイルも注目されている。

アルピーヌ(本国ではアルピンと呼ばれる)といえば、僕(たち)が憧れだったのがA110というモデル。1963年から77年まで作られた少量生産車だ。数はともかく自動車史に残るのは、モータースポーツでの活躍によって。ラリー選手権では、1973年に優勝している。

ボディはFRP製で経年変化に堪えないこともあり、残存する個体も少なく、それなりに希少価値が生まれている。それとともに、高い人気の背景には、全長3850ミリとコンパクトな寸法ながら、躍動感あるスタイリングを持っていたことが大きい。大きなヘッドランプなどによるダイナミックな雰囲気も魅力的だった。

次ページアルピーヌ・ビジョンの性能とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。