ポーラ「THREE」の仕掛人が最後に挑むこと

世界で通じる日本発ブランドを作る

風向きが変わったのは、2013年のこと。アベノミクスによる景況感の好転で、華やかなメイク商品が売れ始めた。店舗数の拡大もあって売上高は毎年2ケタ増という勢いで伸び、消費増税の影響があった2014年もファンデーションの大ヒットが寄与して売上は前期比5割増となった。

今や国内店舗数は70店にまで増加し、並み居る強豪を押しのけて化粧品フロアの売り上げナンバーワンに君臨する店舗もある。課題だった収益性も、生産量の増加と生産委託によって、やっと黒字化するところまで見えてきた。

目指すのは日本発、世界で通じるブランド

東京都渋谷区にあるTHREEの旗艦店。 オーガニック原料のスキンケアと都会的なメークで急成長している

海外の注目も高まっている。2013年にはタイの百貨店に海外初出店し、今やバンコクでは東京都心よりも多い13店を展開する。日本製のブランドとしては、資生堂、「SK-Ⅱ」(P&G)に次ぐ人気だ。

すでに、台湾やインドネシアにも進出し、4月からは海外20店舗目となるマレーシアにも挑戦する。狙うのはメイド・イン・ジャパンが人気のアジアだけではない。

石橋はこう語る。「日本の製造業は世界で高い評価を受けているが、化粧品をはじめとしたファッション系はまだ弱い。そして今、やっとアジア人がその良さに気づき始めた。次は、化粧品の本場である欧米で評価されるかどうかがキモになる」

今やTHREEはパリやロンドン、北米の名だたる百貨店からも声がかかる。今後は、ポーラ・オルビスグループが持つ現地インフラの活用しながら、提携先を見つけ次第、進出先を増やしていく計画だ。

「世界で通じる日本発ブランドを」――。石橋が40年余りをかけて追い求めた夢が実現する時は、目前に迫っている。

(撮影:梅谷秀司、敬称略)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT