ポーラ「THREE」の仕掛人が最後に挑むこと

世界で通じる日本発ブランドを作る

ポーラ・オルビスの化粧品ブランド「THREE」を統括するアクロの石橋寧社長。「2020年までに10カ国には進出したい」と語る

「在庫がある色で良いから、ください」――。百貨店の化粧品売り場では、THREE(スリー)の商品が店頭にあるものから売れていく。

売れ筋はアイメイク商品「ウイスパーグロスフォーアイ」だ。今年1月に発売したところ、わずか1カ月で、3カ月分の在庫を売り切ってしまった。ほかにも、オイルクレンジングやリップグロスなど、多くの看板商品を抱えている。

メインターゲットは、働く20代後半〜30代前半の女性だ。国産原料にこだわったオーガニックスキンケア用品と、モードな印象のメイク商品がそれぞれ人気を集めており、女優やモデルといった美容通の愛用者も多い。

転職組が作ったTHREEというブランド

THREEを展開するのは、化粧品大手のポーラ・オルビスホールディングスだ。同社の2015年12月期は、売上高2147億円(前年同期比8.4%増)、営業利益225億円(同27.3%増)、純利益は過去最高を更新するなど絶好調だ。

主力ブランドの「ポーラ」が訪日外国人客(インバウンド)需要を取り込んだことに加えて、THREEが前期比6割増と売上高を急伸させ、営業損益も黒字目前まで改善されたことが効いた。

THREEの仕掛け人が、ポーラオルビスの子会社、アクロ社長の石橋寧(やすし)。現在65歳の石橋は、実はポーラの生え抜きではなく、カネボウ化粧品からの転職組だ。

次ページ石橋に訪れた転機
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT