ポーラ「THREE」の仕掛人が最後に挑むこと

世界で通じる日本発ブランドを作る

ポーラ・オルビスの化粧品ブランド「THREE」を統括するアクロの石橋寧社長。「2020年までに10カ国には進出したい」と語る

「在庫がある色で良いから、ください」――。百貨店の化粧品売り場では、THREE(スリー)の商品が店頭にあるものから売れていく。

売れ筋はアイメイク商品「ウイスパーグロスフォーアイ」だ。今年1月に発売したところ、わずか1カ月で、3カ月分の在庫を売り切ってしまった。ほかにも、オイルクレンジングやリップグロスなど、多くの看板商品を抱えている。

メインターゲットは、働く20代後半〜30代前半の女性だ。国産原料にこだわったオーガニックスキンケア用品と、モードな印象のメイク商品がそれぞれ人気を集めており、女優やモデルといった美容通の愛用者も多い。

転職組が作ったTHREEというブランド

THREEを展開するのは、化粧品大手のポーラ・オルビスホールディングスだ。同社の2015年12月期は、売上高2147億円(前年同期比8.4%増)、営業利益225億円(同27.3%増)、純利益は過去最高を更新するなど絶好調だ。

主力ブランドの「ポーラ」が訪日外国人客(インバウンド)需要を取り込んだことに加えて、THREEが前期比6割増と売上高を急伸させ、営業損益も黒字目前まで改善されたことが効いた。

THREEの仕掛け人が、ポーラオルビスの子会社、アクロ社長の石橋寧(やすし)。現在65歳の石橋は、実はポーラの生え抜きではなく、カネボウ化粧品からの転職組だ。

次ページ石橋に訪れた転機
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT