不思議!音を奏でるテーブルクロスの用途

ハイハットからスネアまでドラムキットを装備

写真をクリックすると動画サイト(英語)にジャンプします

スウェーデンの企業が、楽器にもなるテーブルクロスを開発した。ママはいつも、食べ物で遊んじゃダメだと怒っていたが、テーブルクロスについては何も言わなかったから。

開発企業「スマート・テキスタイルズ」のリサーチャー、マッツ・ヨハンソン氏は、ドラムキットがひと通り仕込まれているテーブルクロスで、ハイハット、ベースドラム、スネアドラム、トムトム、そしてシンバルの音を順番に出してみせた。電流が流れる繊維で織り上げるとともにセンサーを埋め込んでおり、人が触れればスイッチが入る仕組みだ。

博士号を持つ同社リサーチャーのリ・グオさんは、ピアノの鍵盤のようなテーブルクロスを使って「きらきら星」を弾いてみせた。「この複数のピンがセンサーの役目を果たす。人体が電気を通すことから、電気回路の技術を応用して、指を置いたら作動するようにした」と語る。

健康管理にも応用可能

このテーブルクロスに使われている技術は、ウェアラブル製品の分野にも応用可能だ。リ博士は「伸縮自在のタッチセンサーを織り込めば、心拍などの信号を読み取ることもできて、在宅の健康管理に非常に役立つ」と、今後の展開に期待を寄せる。

こうした応用が実現すれば、技術屋にとっては心拍も、音楽に聞こえるかもしれない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。