1人で重奏!未来の楽器は何がスゴイのか

指で弾くのではなく、体で動かして操作

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

世界中の楽器メーカーが集まる、世界最大の楽器展示会「NAMM」(米カリフォルニア州アナハイムで開催)では、未来の楽器とアナログ技術の融合が見られた。その一つ、カダブラは音楽業界に革命を起こしたいと考えている。

カダブラはMDDIのコントローラーを使って、演奏者が最大16種類の楽器を同時に演奏することが可能だ。イスラエルのトライバル・ツールズが開発したこの楽器は、無線やUSBを通じて、外部音源によって作られた音を操作できる。音は演奏者の動きによって変えられる。

「まずは今の音楽の常識を少し変えてみたいという思いがあった。ノブやフェーダーを回して音を変えるのではなく、楽器を動かして(音を変えることで)観客が目で見て感じられるようにしたかった」と、トライバル社の音楽アドバイザー兼営業担当者のモシェ・ヨッフェ氏は話す。

このほかに展示会で目を引いたのは、木製のシンセサイザーコントローラーだ。演奏者はキーボードを弾く際に、このコントローラーの表面をタップしたり、触れる位置を変えたりすることでより表現力豊かにシンセサイザーを演奏することができる。この製品は、デジタル、アナログにかかわらず、あらゆるシンセサイザーで利用できるという。

「(シンセサイザーを)コントロールできるところが4カ所あり、操作はすべてそこへ圧力を加えることで行う。非常に複雑な仕組みで、これはまさにアコースティックな体験といえる」と、同製品を開発するエクスプレッシブEのマーケティン部部長アーサー・ボーフレット氏は話す。

4日間に渡って開かれた展示会では、新しい技術だけが紹介されたわけではない。ムーグはビンテージ商品を数点展示し、50年前のシンセサイザーが今でもちゃんと音を出せることを示していた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT