「スター・ウォーズ」にイラッとする人の目線

みんなが大好きという前提で話をするな

常見陽平/1974年生まれ(41歳)。千葉商科大学専任講師。好きな映画は『ニュー・シネマ・パラダイス』

おおた:SW世界の中心にいるスカイウォーカー家がどうなるかを楽しむ映画なんだよね。

赤木:じゃあダースベイダーは田中邦衛だ。

常見:吉岡秀隆はルーク・スカイウォーカー?

おおた:そうなるね。

常見:純、蛍ぅ(田中邦衛演じる五郎さんの真似を始めるが無視される)。

中川:日本一うまいものを決めるために数十年いがみ合っている『美味しんぼ』の山岡士郎と海原雄山の関係にも似ているね。

常見:まあ、要するに優秀な子供がグレちゃったって話なんだよ。

おおた:まあ「親殺し」は物語の普遍的なテーマだからさ。日本にもスター・ウォーズに似た作品は多くあると思う。

「スター・ウォーズだから」という風潮が気持ち悪い

常見:太田さんと僕は、もうエピソード7を観たわけだけど、どんな感想を持った?

おおた:監督のJ・J・エイブラムスは、大健闘したと思う。彼は世界中のファンたちの期待を背負う一方で、新規のファンもつかまないといけない。ジャンルは違うけれど、同じ創り手として、この2つの課題を同時に達成した彼には尊敬しかない。

常見:うんうん。今回はルーカス・フィルムから権利を買った“ディズニー帝国”まで納得させなきゃいけないから、本当に大変だっただろうね。

中川:二人の話をずっと聞いたけど、オレはまったく面白いとは思わない。数十年メディアの世界で働いているけど、SWってなると、日本全体で「おもしろい」って騒ぎまくる風潮にムカムカしているんだよ。

常見:君はジブリも同じ理由で嫌いだよね。

中川:そうだよ。何が「バルス祭り」だ。オレがゲーム『三国志』が好きなように、個々人に好きなエンタメがあっていいわけ。でも、昨今のマスコミやネットは「話題になっている作品はみんなが好きなはずだ」って押し付けや同調圧力がすごく横行している。

常見:確かに。僕もエヴァ(エヴァンゲリオン)と、まどマギ(魔法少女まどか☆マギカ)には同じものを感じたよ。「この作品は手放しで褒めないといけない」とか「現代人なら絶対に知っておくべき」みたいな同調圧力が強くなったと思う。所詮、ポップカルチャーなんだからさ。普通に楽しめばいいのに。

中川:そうなんだよ。別に話題になっている=観なきゃいけないってわけじゃない。自分の好きなものだけ追いかければいい。

常見:SWレベルの作品だと、サブカルマウンティングや押し付けがいっそう強いよね。公開される前とかもさ、みんながうんちくをSNSにアップしていて、「普通に見ろよ」と思った。

次ページ新規のファンが入り込めない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。