「スター・ウォーズ」にイラッとする人の目線

みんなが大好きという前提で話をするな

中川淳一郎/1973年生まれ(42歳)。ネットニュース編集者。好きな映画は『ターミネーター2』

常見陽平(以下、常見):中川さんはアメリカで暮らした経験があるよね。向こうは最新作のために泊まり込むぐらい熱狂的なファンがいるみたいだけど、SWを観る機会はなかったんだ?

中川:まったくなかった。アメリカだと映画は3ドルぐらいで観られるんだよ。でも、オレが観たのは『インディアナ・ジョーンズ』と『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『カラテキッド』とかだな。

常見:帰国子女はインディア“ナ”・ジョーンズって言うんだよね(笑)。『カラテキッド』って『ベスト・キッド』のことだろ。これも帰国子女うんちくだな。

中川:何が『インディ・ジョーンズ』だ。インディはアダ名だし、インディー・ジョーンズなんて名前はありえねえよ。

すでにコアなファンがたくさんついていた

常見:だはは。赤木さんはなんで観なかったの?

赤木智弘(以下、赤木):僕が映画を観る年齢になったとき、もうSWにはコアなファンがたくさんついていた。だから、ファンしか楽しめないものだと思っていたわけで。ナムコから発売されたファミコン版『スター・ウォーズ』はプレイしていたから、中川さんよりは知っているかも。ダースベイダーはサソリやサメに変身するんだよね。

おおた:ダースベイダーにそんな設定はないよ!

常見:1980年代は、版権元から訴えられてもおかしくないゲームがたくさんあったね。『E.T』とか『風の谷のナウシカ』とか。僕は、初期の作品は少し年上の親戚が見ていて。リアルタイムで「わあ、新作やっているんだ」って認識したのは、『スター・ウォーズ ジェダイの帰還』かな。あと、学生時代になんとなくビデオでみて。完全にリアルタイムで見ているのはエピソード1〜3だね。おおたさんはいつから?

おおた:実は1978年に日本で初めて公開されたエピソード4が、人生で最初に観た映画なんですよ。

常見:リアルタイムで観た40代は珍しいね。

おおた:父親も好きだったんだよね。当時、コカ・コーラの懸賞でR2-D2型のラジオにも当選したから、僕が幼児期にSWから受けた影響はかなり強烈だったね。

常見:その後、エピソード5と6も観たんだ。

おおた:劇場じゃなくビデオだけどね。

次ページどんな映画だと思う?
関連記事
トピックボードAD
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。