楽園企業の「ユルくてスゴい」人材育成法

「教育、管理、強制しない」と人は勝手に育つ

実は山田氏は、本社新社屋の建設や地方工場の製造機材の購入といった、本来なら社長や工場長が決めるべきような仕事まで、どんどん現場の社員に任せ、決めさせていったのだ。

「社員が納得して働ける社屋や工場を建てるのが、いちばんいい」という理由からだが、それが山田式「3ナイ主義」の2番目「管理しない」主義につながる。

「管理しない」主義=「ダメなら元に戻せばええ」

仕事を積極的に任せるというのは、その仕事にまつわる権限と責任を部下に委ねること。上司はその分、管理する必要がなくなる。

山田氏が「管理しない」ことにこだわったのには2つ理由がある。

(1) 「自分の判断が正しければ『自信』になり、間違えれば『いい勉強』になる」

会社から大事な仕事を任されれば、社員は真剣に考えざるをえない。新工場が稼働すれば、今度はがっぽり稼がなくてはいけなくなる。

自分たちで決めて作った以上、会社のためにがんばって働いてくれるはず。それが山田氏の狙いだった。

「その結果、自分たちの判断が正しければ、大きな自信になる。反対に間違えれば、自分たちで決めた以上、誰のせいにもできない。反省もするだろうし、いい勉強になるわけや」

(2)「やってみてダメなら、元に戻せばええだけや」

以前、山田氏はこんな話もしていた。

「『管理しない』という考え方は、創業から45年以上たった今も、間違ってなかったと思う。やってみてダメなら、いったん元に戻せばええんやからな」

この「ダメなら元に戻せばいい」という考え方が、先の「若手ヒラ社員でも子会社の新社長になれる」という未来工業の社風を生み出しているのだ。そして、その社風が、今も未来工業の強さのひとつの源泉にもなっている。

次ページ3つ目「強制しない」の理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT