「楽園企業のIT断食」が、ちょっとスゴすぎる

営業マンは「席にパソコンなし」その理由は?

山田氏が社内に普及させた「IT断食」とは?(撮影:今 祥雄)
「社員が日本一幸せ」ともいわれる未来工業(岐阜県にある電気・設備資材メーカー)。同社は、「残業なしの毎日5時退社」で有名だが、年間休日数が140日&有休最長40日と、休みの多さが「日本一」とも言われる。しかも驚くほどの高年収かつ、海外への豪華社員旅行などもあるために、「楽園企業」と呼ばれている。
同社創業者の山田昭男氏は一昨夏に他界したが、遺作となった『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』は今、注目を集めている。
今回のテーマは、山田氏が社内に普及させた「IT断食」。今どき、営業マンは携帯禁止・自分の机にパソコンなしと、徹底的に「アナログ」を追求しながらも、そのくせライバル他社を抑えて、業績は順調に上昇中。同社を長年取材してきたルポライターが、その謎に迫る。

98年からパソコン禁止。IT断食の「元祖」

日本一“社員”が幸せな会社をつくった男の集大成! 「未来工業と山田昭男のすべてがわかる」と話題の1冊。

サントリーなどの有名企業でも近年、「IT断食」が広がっている。勤務中にパソコンに触るのを一定時間あえて禁止し、職場の対話や、得意先への訪問活動をうながすのがその目的だ。

そのIT断食の「元祖」上場企業といえば、岐阜県にある電気・設備資材メーカーの未来工業。同社では、1998年から営業職にはひとり1台のパソコン利用を禁止している。自分のデスクに自分用のパソコンはない。もちろん、社用携帯電話の配布もない。

にもかかわらず、「パソコンがないと、今どき仕事にならない」はずの世の中で、当時も今も、売上高を順調に伸ばし続け、この30年間、赤字決算はなく、経常利益率の平均も10%を上回っている。

「IT断食」は創業者である故・山田昭男氏の方針だった。しかし、なぜ営業職にはひとり1台のパソコン利用を禁止するなど、そこまで徹底するのだろうか。

そして、未来工業の営業マンは、どんな仕事のやり方で、ITを駆使するライバル他社の営業マンを抑え、対前年度比の売り上げを伸ばし続けているのだろうか?

次ページ「パソコン営業は、百害あって一利なしや」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。