「楽園企業」のコピー機は10枚で自動停止?

セコすぎるお約束を徹底する理由とは?

コピー機は1台きり。そこまでする理由とは?(撮影:和田 英士)
「社員が日本一幸せ」ともいわれる未来工業(岐阜県にある電気・設備資材メーカー)。同社は「残業なしの毎日5時退社」で有名だが、年間休日数が140日&有休最長40日と「休みの多さも日本一」と言われる。しかも驚くほどの高年収で、5年に1度の海外への豪華社員旅行もあるなど、「楽園企業」と呼ばれている。
同社創業者の山田昭男氏は昨夏、惜しまれながら他界したが、遺作となった『山田昭男の仕事も人生も面白くなる働き方バイブル』はいまも注目を集めている。
実は、「楽園企業」をつくり上げた山田氏は、「日本一のドケチ社長」としてもメディアに多数出演する有名人だった。本社玄関は真っ暗が基本で、社員約330名が働く本社にコピー機は1台しかない。警備員室はあるが警備員ゼロで毎月30万円節約と、コントみたいなケチケチぶりだ。
山田氏を長年取材してきたルポライターが、同社のうらやましい就業環境とは裏腹な「笑えるほどのドケチっぷり」に迫る。

社員約330名の本社にコピー機は1台きり

日本一“社員”が幸せな会社をつくった男の集大成! 「未来工業と山田昭男のすべてがわかる」と話題の1冊。

「ほら、誰も使っとらんやろ? いっそのこと、このコピー機を半分に切ってしまいたいよ」

あるときテレビ局が「日本一のドケチ社長」を取材に来たところ、本社に1台きりのコピー機を前にして、生前の山田昭男氏はそう言ったという。

岐阜県の電気・資材設備メーカー「未来工業」は、社員約330名にもかかわらず、本社にコピー機はたった1台しかない。しかも、コピーを使用するにあたっては、数々の「厳しいお約束事」が課されている。「ムダなコピーを防ぐためだ」というのがその理由だが、節約に熱心な企業でも、未来工業ほどコピーにうるさい会社は聞いたことがない。

「上場企業で業績もいいのに、そこまでコピーをケチる理由は何ですか?」と筆者が以前尋ねたところ、彼からこんな答えが返ってきた。

「だって、コピー機は『会社のムダの象徴』やと思わんか? 」

「日本一のドケチ社長」と呼ばれた男の目には「コピー機=会社のムダの象徴」と映るらしい。その言葉の真相を探る前に、まずは筆者が目撃した、同社の「無用コピー対策」ベスト3から紹介しよう。

次ページそこまでやるか!「無用コピー対策」ベスト3
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT