日本人は世界一、自分の会社を嫌っている

日本のサラリーマンは3分の1が「反乱分子」

日本では「エンゲージメント」と言うコンセプトがないことや、こうした調査に対して、高い評価点をつけない、という国民性もあるのかもしれないが、その他の数多くの調査を見ても、同様の傾向がみられることからも、日本のサラリーマンと企業との関係は、日本人が気づいている以上に険悪である、と言えるのかもしれない。

さらに、先月、発表された米国のPR会社Edelmanの調査では、世界28カ国中、日本人は、「世界で、最も自分の働く会社を信用していない国民」という結果がでた。「自分の会社を信用するか」と言う問いに対して信用すると答えた割合はわずか40%、世界最低で、米国(64%)、イギリス(57%)、中国(79%)、インド(83%)よりはるかに低く、ロシア(48%)よりも低い。

ここまで、さまざまなデータがそろうと、日本のサラリーマンは世界一、不満だらけで、不幸な人種なのか、と感じてしまうが、果たしてそうなのだろうか。

なぜ不幸なのか?

日本のサラリーマンが不幸であることの要因を仮説として挙げてみよう。

1. 長時間労働

2. 収入減もしくは低賃金

3. 閉塞的な企業文化(前例主義、根性主義、減点主義)

4. 年功序列

5. 不適切な人材配置・活用

6. セクハラ、パワハラ、マタハラ

7. 硬直化した報酬・人事制度(不平等な平等主義または苛烈すぎる成果主義)

考え出すと、きりがないことに気づくが、ほかにも、外資系企業で働く友人や外国人の友人に聞くと、「日本企業ではかなりの幹部でも飛行機はエコノミークラスなのはあり得ない」とか「外資では、優秀な人材をつなぎとめるために、報酬も手厚く、やる気を継続させるシステムができている」といった声が聞かれた。

日本の会社員に共通しているのは「何だか報われてない感」のような気がする。必死で働く人にとっては、「何も仕事をしてないのに、楽して給料をもらっている人々の存在」が疎ましく、彼らと大して給料も変わらない理不尽さに憤るし、一方で、「楽している」と思われている側も、自分を活用できない経営がいけない、と会社に腹を立てる。

最近、厚切りジェイソンさんが、「日本の雇用環境はできない人を守るためか。出来ない人から見ると、天国。助かる。出来る人から見ると、地獄。栄えない」とツイートして話題になったが、その「天国側」の人間も「満足している」、とか、「会社をありがたいと思っている」かといえば、そうでもない。働く側も、働かない側もハッピーにはなれない矛盾が存在している。

次ページ仕事を楽しんではいけない?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT