今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない《若手記者・スタンフォード留学記 37》



いわゆる"司馬史観"への疑問

日本の近現代史について勉強すると、「1920年から敗戦まで」の歴史と、「1990年から今日まで」の歴史があまりにも似ていることに驚かされます。 

第17回目でも触れましたが、現代の衰退論を語るとき、しばしば耳にするのは「近代史40年周期説」です。いわゆる、司馬史観と言い換えてもいいかもしれません。

作家・半藤一利氏の『昭和史』(文藝春秋)によると、その意味するところはこうです。

1868年の明治維新以来、近代化に励んできた日本人は、その約40年後、日露戦争の勝利によって、世界史的な金字塔を打ち立てた。だが、そこから転落の時代に突入し、40年後には敗戦という形で破滅を迎えた。

ただ、戦後、日本は焼け野原から蘇り、約40年後の1989年には日本の株価は最高値を更新した。しかし、バブル崩壊を経て、そこから日本は再び滅びの40年へと突入してしまった。このサイクルどおりに進めば、日本は2030年まで右肩下がりを続けていくことになる…

ただ、この40年周期説には、いくぶん疑問が残ります。

司馬史観に代表される「日露戦争をピークに日本は坂道を転げ落ちはじめた」というストーリーは、やや単純すぎるように思えるのです。

司馬遼太郎氏は、日本人の精神的な崇高さ、そして日本人が国民の力を結集したピークとして、日露戦争をあげているのでしょう。

しかし、軍事、経済を総合した日本の国力という点では、日露戦争後も日本は上昇気流に乗っていました。

経済面では、日露戦争後に不況に襲われたものの、第一次世界大戦が日本に未曾有の好況をもたらしました。たとえば、著名な経済史家、アンガス・マディソン、グローニンゲン大学教授の推計によると、日本のGDPは、1904年から1919年の15年間でほぼ2倍に伸びています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT