今の日本は敗戦間近の1940年に似ているのかもしれない《若手記者・スタンフォード留学記 37》



GDP日中逆転という、新たな敗戦

では、約5年後の日本に降りかかる、"新たな敗戦"とは何でしょうか?

私は、中国にGDPで世界第2位の座、アジア最大の経済大国の座を奪われることだろうと思います。現在のペースが続けば、あと5年後、ちょうど2014年前後に、GDPの日中逆転が起きるでしょう。

たしかに、この負けは、太平洋戦争における敗北に比べれば、破滅的ではありません。命を奪われるわけでなし、飯が食えなくなるわけでなし、普段の生活は何も変わりません。敗戦を経験された方は、「この程度の不況、苦境を敗戦にたとえるのは、おおげさだ、不謹慎だ」と言われるかもしれません。

たかが、GDPということなかれ。この敗戦は、精神・内面に深く突き刺さります。

経済力という、戦後の日本人が身を粉にしてささげてきた、その目標において、わずか20年前には、GDPが日本の8分の1しかなかった隣国に逆転されるのですから。

「そうはいっても、中国の一人当たりGDPは日本の10分の1でしょ」と言われるかもしれません。その指摘自体は正しい。それでも、負けは負けです。

戦前の日本は、主に軍事面での一等国を目指し、それを達成したと思った後、太平洋戦争でアメリカに打ちのめされました。

戦後の日本は、経済面での一等国を目指し、それを達成したと思った後、その差は大きいと思っていた中国に追い抜かれる。それは静かな敗北ですが、大きな敗北です。経済をアイデンティティーとしてきた戦後日本にとって、決定的な敗北であると言っていい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT