「ロボホン」が狙う「好き」を貫いて売る仕掛け

ヒットの達人は市場に合わせない

今年前半に発売が予定されているモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」

今話題の「ロボホン」とは?

黒い大きな目を光らせた人型の小さなロボット。シャープが開発したスマートフォンの機能を備えたモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」が、今年前半に予定されている発売前から話題になっている。音声通話やメールはもちろん、頭部に小型プロジェクターとカメラを搭載しており、撮影した写真や映像、地図などを壁や机に投影することもできるユニークな製品だ。

ロボホンをはじめ、この時期、今年の「ヒット商品予測」なるものがいろんなメディアで発表されている。一方で、今年の販売戦略に頭を悩ませるマーケティング担当者も多いのではないだろうか。ほとんどの商品は丁寧に消費者に寄り添って、アンケート調査結果とグループインタビューを繰り返し、当てにいってズレている。アンケート調査をもとに、消費者の御用聞きのように自社の商品を合わせにいっても、シビアなことに店頭では買ってくれないのだ。市場に「合わせよう」としすぎてしまって、ズレてしまうか、どれも似たような商品になってしまう。

筆者は「生活者の本音」と「企業の独自性」を重ねてコンセプトメイキングを行うコンサルティングファームを経営している。どんなに売れていた商品でも時間が経つにつれて、市場とズレが生まれる。このズレがなぜ起きているのか、どうすればもう一度重なるのかを整体のように調整する日々だ。

仕事柄、いろんな開発者に会う機会があるが、中でもひときわ市場との間合いがうまいと感じたのが、冒頭に紹介したロボホンを共同開発したロボットクリエイター高橋智隆だ。シャープは高橋が開発を手掛けたパーツ組み立て週刊誌「ロビ」(デアゴスティーニ・ジャパン刊行)の大ヒットを見て、2年半ほど前に声をかけたことから、ロボホンのプロジェクトがスタートした。

次ページ高橋がとった大胆な手法とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。