デキない男が必ず質問で使う「3つの言葉」

重箱の隅をつつき会話のラリーが続かない

デキる人の質問も、3つのステップですが、デキない男の3ステップとは違います。

本当にデキる人の質問3ステップ

デキる人は会話のラリーが生まれる質問の仕方をする

①繰り返す

相手が「ここが課題です」と言ったら、「ここが課題ですか」と繰り返す。あるいは「ここを何とかしなければいけない、と考えられてるわけですね」と自分の言葉で繰り返す。話してる相手が「そうなんですよ。それでね……」とより詳しい説明を自然と続けたくなります。

②乗っかる

「私も似た感じのことを考えていたのですが〜」「私もそこが気になってたんですけど〜」と相手の発言に乗っかって自分の考えを伝える。「おっしゃるとおり」と違って、意見をくんでもらった印象を相手に与えるので議論が弾みます。

③私がわかってないのかも知れませんが……

……と切り出す人は、話の構成を整理して質問することが多いようです。たとえば「課題の解決を3ステップで進めていくという理解でよいでしょうか?」「2ステップ目がイメージがつかめなかったのですが、どう進めていきますか?」と、自分なりにこう理解したよと、体系的に説明してわからない部分を質問します。明確で建設的な質問なのでより会話が盛り上がります。

繰り返し、乗っかると相手も返しやすいので会話のラリーが生まれます。そして重箱の隅をつついた「一つだけ質問」ではなく、相手の話全体を整理して質問するので会話が発展しやすい。質問の時に使ってる言葉だけでも、デキる人とデキるふり男を見分ける大きなヒントが隠されています。

次に、質問する時に使う「文法」について考えます。ここで言う「文法」とは主語述語といった意味の文法ではなく、話や考えを整理する「型」のようなものです。

デキるふりしたデキない男〜DFDN男は、仕事の会話を学校のテストみたいな「正解」のある問いと考えがちです。相手の話を「正解」と考えて「なるほど」「おっしゃるとおり」と返す。相手の間違いを探して指摘すると「正解」と思ってるから「一つだけ」重箱の隅をつつく。正解のある間違い探しという型が、DFDN男の「文法」です。

次ページ「質問の文法」はDAIGOに学べ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。