まだ強い会社が潜む「株価上昇率」ランキング

来期予想から「勝ち組企業」が浮かび上がる

首位のディップは、ネットに特化して求人情報を提供。2013年2月期の営業益2.5億円から2015年2月期は同48億円へと急拡大。今2016年2月期の営業増益率は33.2%、2017年2月期も25.0%と高い伸びが予想されている。ただ株価の割安度を測るPER(株価収益率)は、来期予想ベースでも30倍台と高めだ。値動きも膠着状態に陥っており、もう一段の上昇を狙うには新しい材料が待たれる。

2位のMonotaROは、工場や工事用間接資材をネットで販売。最高益を連続更新中だが、来期予想PERは70倍台と過熱ぎみである。

注目株はどこか?

PERに割高感がなく、2015年末にかけて騰勢を強めて上昇トレンドを維持しているのは、7位に入った神奈川県地盤のドラッグストア、クリエイトSDホールディングスだ。業績は堅調に伸びており、ディフェンシブ銘柄としての側面もある。

同様の観点から、12位の雪印メグミルクにも注目だ。日経平均が2015年夏に崩れたのに対し、それまでモミ合っていた雪印の株価は夏から上値追いを開始した。チーズなど主力品の販価引き上げの浸透もあり、8月に発表した第1四半期業績が大幅増益で着地。人気のバロメーターである売買代金も増えている。

2015年に株価が大きく上昇した銘柄を70社まで掲載したものはこちら(四季報オンライン)をご覧ください。

(週刊東洋経済2016年1月16日号「投資の視点」から転載)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT