最新!日本企業の「時価総額」70社ランキング

リーマンショック時と2015年を比較してみた

トヨタの時価総額は09年3月から15年12月で2.6倍になった。写真は東京モーターショー2015での豊田章男社長(撮影:鈴木紳平)

日経平均株価は2015年6月に、18年半ぶりの高値となる2万0868円(終値)に到達した。

アベノミクスがスタートするまで日経平均は低空飛行を続けたが、日本銀行の金融緩和政策の後押しもあり、09年3月10日につけたリーマンショック後の最安値7054円から、約3倍になった。中国の景気減速懸念により調整局面はあったものの、今も高値圏に位置していることに変わりはない。

そこで個別企業の株価がこの間、どう変化したのか、時価総額の高い順にランキングしたのが下表だ。時価総額は株価に発行株数を掛けた額で、企業の実質的な価値を示している。対象は営業増益予想の企業に限定した。

富士重が大躍進

盤石の強さでトップの座を維持しているのがトヨタ自動車だ。時価総額は2009年水準の約2.6倍となる26兆円まで拡大。08年度には4369億円の最終赤字に沈んだが、14年度の純利益は2兆1733億円と過去最高を更新。今15年度も、国内や東南アジア向けの減少を北米販売の伸びで補い、最高益を連続更新する見通しだ。

同じ自動車業界で、184位から24位へと大きく順位を上げたのが富士重工業。時価総額は実に16倍になった。北米でSUVが絶好調、供給が需要に追いつかずに増産体制の構築を急いでいる。

次ページ日本郵政が上位に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。