米利上げが秒読み、日本は楽観視できない

来年は円高に反転するシナリオも

焦点のイエレン議長は、雇用統計を控えた上下両院公聴会で、利上げへの意志を表明した(写真:AP/アフロ)

もはや織り込み済み。FRB(米国連邦準備制度理事会)が12月15~16日に開催する、注目のFOMC(米国連邦公開市場委員会)。利上げに踏み切るのはほぼ確定で、市場の関心は、2016年の利上げのペースとその影響に移っている。

9月のFOMCで示された年間の利上げ幅予想の中央値は1%ポイントだった。3カ月ごとに1回0.25%ポイントずつ上げるという読みになっている。

しかし、実際にそのとおりに行われるかどうかについては、懐疑的な見方も多い。

6月も9月も見送られたが…

なぜなら、これまでも正常化のプロセスは、遅れがちだったからだ。雇用の改善が進んだことから、イエレンFRB議長は、今年6月にも利上げするつもりだった。が、米国の1~3月期のGDP(国内総生産)が振るわず、9月に先送り。その後、中国経済への懸念が高まり、金融市場が荒れたため、9月も見送られた。つまり状況次第だ。

正常化を阻む懸念材料の一つは、インフレ率が低いうえに、足元で原油のWTI先物価格が1バレル=37ドル台と、大きく下落していること。

最近は雇用統計ばかり注目が集まるが、FRBの二つの使命は「雇用の最大化」と「物価の安定」である。指標として重視する、コアPCE(個人消費支出)のデフレーターは、現状で1.3%とまだ低い。コア指標はエネルギーそのものを除くが、原油安の影響はさまざまな品目に及ぶため、2014年後半には一段低下した。先行き再び水準が切り下がるかもしれない。

次ページ来年は利上げできても2回?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT